北海道が抱える問題に鋭く切り込む雑誌「しゃりばり」 

政治、経済、金融、教育、介護保険、ボランティア、まちづくり、地域貢献、極東、防災……
北海道が抱える問題に鋭く切り込む雑誌



※サイト改造中につき、お見苦しい点がありますこと、お許しください。

目次
  現在までの目次(特集・連載紹介もこちらでどうぞ)
<バックナンバー>
  連載中
・ブラキストン線
・ぶらりしゃらり

終了
・開発 解☆タイ☆新書
・ロシアのアネクドート
バックナンバー
  過去の連載の一部を紹介
リンク
  しゃりばり編集部のお勧めページ
表紙ギャラリーPart.1
  200号(1998.10)〜217号(2000.3)まで新進気鋭のアーティスト・大泉幸代さんが描いた表紙絵
掲示板
  感想、要望、質問、その他、ご自由に
HIT
  「しゃりばり」発行元、(社)北海道総合研究調査会のサイト  HITとは
北海道ロシアビジネスセンター
  運営主体は北海道サハリンビジネス交流支援協会(事務局:HIT)

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

◇お問合先

一般社団法人北海道総合研究調査会
(略称:HIT)


060-0004 札幌市中央区北4条西6丁目
     毎日札幌会館3階
TEL 011-222-3669/FAX 011-222-4105
E-Mail: charivari@hit-north.or.jp

2011年12月号から。
 無料(年間購読の場合、送料600円)


◇更新履歴
2015/2/20 目次更新
05.11.15 バックナンバー更新
 
「しゃりばり」 定期購読のご案内 
 
 

 
 
日頃より弊誌「しゃりばり」をご愛読いただき、ありがとうございます。  
 「しゃりばり」は、1975年の創刊以後、2007年9月〜2010年8月までの電子配信(No.307〜342)を経て、2010年9月号(343)より、従前の紙媒体へと復帰いたしました。復活後、1冊500円にてご購読いただいておりましたが、より多くの皆さまにお読みいただきたいと考え、2011年12月号(358)から無料化いたしました。
 また、諸般の事情により、2015年3月号をもちまして月刊を終了し、以後、毎偶数月20日発行の隔月刊(年6回発行)に移行いたしました。
 制作日数の拡大により更なる情報収集と研究に努め、より充実した誌面をお届けしたいと考えております。
 今後も地域の現実を踏まえ、未来を「構想」し、現在を「議論」し、過去を「考察」する「しゃりばり」として発行してまいります。
 一層のご理解とご愛顧をよろしくお願い申し上げます。
 年間購読のお申し込みにつきましては、下記をご参照ください。

 
 

一般社団法人 北海道総合研究調査会
                            「しゃりばり」編集室
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆【「しゃりばり」購読申し込みご案内】◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 


 

 
●「しゃりばり」は、直接お手元にお届けいたします。

 送料(年間600円)をご負担いただきますと、毎号、ご希望の送付先にお送りいたします。下記の金融機関へお振込み下さい。口座名はいずれも「一般社団法人 北海道総合研究調査会」です。

(1)北海道銀行  札幌駅前支店  普通口座 0726103
(2)北洋銀行   札幌駅南口支店 普通口座 0919855
(3)郵便振替口座         02760−9−10777

 
お申込みの際は、下記のメールアドレスまたはFAX番号をご利用の上、必要事項をお知らせ下さい。


◆FAX    :011−222−4105

◆メールアドレス:charivari@hit-north.or.jp

●送り先  郵便番号    −            

ご住所・

ご氏名・

電話番号    −     −

 



 
 

 

2015年3月号(通巻395号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 ロシア極東との医療交流の可能性を探る
──────────────────────────────────────
◇インタービューT
──────────────────────────────────────
 医療国際展開の推進役を担うMEJの役割
         一般社団法人Medical Excellence JAPAN 理事   山田 紀子 氏
                            事務局長 朝比奈 宏 氏
1.成長戦略における医療の国際化
2.MEJの設立経緯を役割
3.医療の国際化を推進するにあたってのターゲット
4.ロシア極東地域の位置付け
5.現在進行しているプロジェクト
6.パッケージ展開によるアウトバウンドで想定される効果
7.国内医療機関の国際展開に対する関心
8.日本のアウトバウンドの現状
9.インバウンドの現状
10.北海道における医療の国際展開の可能性
11.MEJの今後の使命
──────────────────────────────────────
◇レポート
──────────────────────────────────────
 スタート地点に立つ、北海道とロシア極東地域の医療交流
   〜双方に利益のある関係を〜
一般社団法人北海道総合研究調査会 情報企画部 中西 亮平
1.日本より平均寿命が18年も低い極東
2.富裕層の増加と、高まる健康志向
3.ロシアにおける保険制度と自費診療
4.より良い治療を求めて海外へ
5.日本への信頼、北海道の優位性
6.北海道とロシア極東の医療交流の現状
7.国際展開の問題点
8.北海道としてのビジョンの必要性
──────────────────────────────────────
◇インタビューU
──────────────────────────────────────
「近くて需要がある」ロシア極東との医療交流をリードする
   〜北海道の国立大学病院としての使命〜
 北海道大学病院 病院長 寶金(ほうきん)清博 氏
1.国の施策の先導役として
2.ビジネスとして成り立つ医療を
3.なぜロシア極東地域か
4.ロシア極東地域の医療事情
5.インバウンドの可能性
6.ロシアに需要のある日本の「得意分野」
7.課題を整理しトラブル回避
8.現地との交流から一歩ずつ
──────────────────────────────────────
◇インタビューV
──────────────────────────────────────
歯科医療での学術交流の方向性
 北海道医療大学 教授 安彦 善裕 氏
1.予想以上に進んでいた極東地方の歯科医療
2.ロシアのきめ細かな歯科治療体制
3.保険診療と自費診療を選ぶヨーロッパ型保険システム
4.予防と研究で日本がリードする可能性
5.双方にメリットがある連携スタイル
6.海外医療機関と連携する意義
7.人と人のつながりからスタートする
8.双方にメリットのある交流
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート30
──────────────────────────────────────
 GreenとBlue 農林漁業現場からの産業化
     岩井 宏文 氏(札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第199回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 待ち伏せ攻撃の密林で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(23)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『泥流地帯』『続泥流地帯』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2015年2月号(通巻394号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 都市の超高齢化に挑む
    『地域包括ケア』のまちづくり

──────────────────────────────────────
「インターライ・ケア研究会 第13回学会」報告
──────────────────────────────────────
 基調講演
  地域地域包ケアとまちづくり―医療と介護の連携の実践―
           東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授 辻 哲夫 氏
1.日本の高齢化の特徴と医療
2.高齢者の自立度の変化
3.生活習慣病予防と介護予防
4.日本における介護思想の転換
5.「生活者」としての意識と在宅医療システム
6.柏プロジェクト
7.柏市医師会の決断
8.柏市における在宅医療システム
9.柏市における在宅医療推進にかかるネットワーク構築手順
10.多職種連携研修会及び住民向け勉強会の開催
11.「拠点型サービス付き高齢者向け住宅」のモデル施設
12.在宅医療を普及するために
──────────────────────────────────────
  武蔵野市における地域包括ケアシステムの取り組み
                  武蔵野市健康福祉部 部長 笹井 肇 氏
1.武蔵野市における介護保険の現状
2.武蔵野市の地域包括ケアシステム推進に向けた取り組み
3.地域包括ケア実現に向けた重点的な取り組み
4.第6期介護保険制度改正に向けた取り組み
5.2025年に向けた地域包括ケアシステム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート29
──────────────────────────────────────
 色を失くした町をスペインタイルで明るく彩る
     阿部 鳴美 氏(宮城県女川町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 新書紹介
──────────────────────────────────────
 三野耕治(みの・こうじ)著『にっぽんっていいね!和の経済入門』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第198回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 銭湯アツカン梅におう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(22)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『夕あり朝あり』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年12月・2015年1月合併号(通巻393号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 地方創生と北海道ビジョン
◆市町村政策研究会・拡大研究会(平成26.10.28(火)開催)セミナー報告
  「人口減少における地域の政策立案に向けて」
──────────────────────────────────────
開会挨拶                   ニセコ町長 片山 健也 氏
──────────────────────────────────────
講演 まち・ひと・しごと創生
     内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 局長代理 佐村 知子 氏
1.日本の人口減少の全体像
2.出生の減少と人口減少
3.人口移動の要因
──────────────────────────────────────
    北海道の人口動向と将来推計
        一般社団法人北海道総合研究調査会 理事長 五十嵐 智嘉子
1.北海道の人口動向
2.人口移動と出生率の推移
3.2040年の将来人口推計
4.「地方人口ビジョン」と「地方版総合戦略」
──────────────────────────────────────
 パネルディスカッション
   鎌 田   満 氏(黒松内町長)/ 佐々木 修 一 氏(遠軽町長)
   伊 藤 喜代志 氏(比布町長) / 山 本    進 氏(東神楽町長)
   松 岡 市 郎 氏(東川町長) / 山 下 英 二 氏(大空町長)
──────────────────────────────────────  
◆松岡市郎町長に訊く 
  人口が「減らない」町、東川町のまちづくり戦略
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート28
──────────────────────────────────────
 自然養蜂と蜜源植物有機栽培による環境保全活動〜安全・安心な農業を支援〜
     尾形 剛弥 氏(北海道石狩市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第197回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 ジャズとおでんと孫悟空
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(21)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『嵐吹く時も』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年11月号(通巻392号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 ロシア・ユーラシアへの挑戦
    〜地域の発意と行動が道を開く

──────────────────────────────────────
第一部・ロシア極東セミナー報告
──────────────────────────────────────
 ロシア極東地域におけるビジネスチャンス
  〜沿海地方をターゲットとしたビジネスの進め方〜
             元ウラジオストク日本センター所長 大石 莊平 氏
1.ロシア極東地域の実情−広大な面積と小規模な経済・人口
2.ロシア極東地域開発の背景
   ―欧州依存経済からの脱却とアジア太平洋地域経済の取り込み
3.ロシア極東地域の主要貿易相手国―日・韓・中で全体の8割
4.ロシア極東地域社会経済発展プログラム
5.極東管理体制の転換―新体制と「極東開発省」への権限委譲
6.石油天然ガス部門関連プロジェクトの状況
7.沿海地方の優位性―極東最大の港湾都市と大消費市場中国との隣接性
8.―優先社会経済発展地域と特別経済区構造
9.沿海地方における優先的開発分野―農業・漁業・自動車・住宅建設・観光
10.日本の有効なビジネス戦略−高付加価値産業の育成
11.ビジネス成功の2つの鍵
──────────────────────────────────────
 ◆帯広のロゴスホームが合弁でウラジオストクに進出!
──────────────────────────────────────
第二部・レポート
──────────────────────────────────────
 北海道経験のユーラシア大陸展開を目指して
  〜ユーラシア・北海道アグリロード実現協議会の立ち上げにあたって
1.ユーラシア農業の現状と課題
2.北海道発「アグリロード」の考え方
3.農業に情熱を燃やす北海道の先駆者たち
4.キックオフに寄せて
5.フードバリューチェーンのの潮流
6.世界の潮流とアグリロードの果たす役割
──────────────────────────────────────
 ◆JICAキルギス研修受け入れ(2014年9月実施)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート27
──────────────────────────────────────
 地域の生活支援拠点を担うカフェ「すけっとハウス」
     高柳 礼緒奈 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第196回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 熊のイメージいろいろ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(20)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『明日をうたう』命ある限り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年10月号(通巻391号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 平成27年度からはじまる 
  生活困窮者自立支援制度のゆくえ
  〜生活困窮者支援制度構築に関する研修会(札幌)〜

──────────────────────────────────────
講演
──────────────────────────────────────
 生活困窮者自立支援制度構築について
  厚生労働省 社会・援護局地域福祉課 生活困窮者自立支援室長 熊木 正人 氏
1.「生活困窮者自立支援制度」の背景
2.新たな生活困窮者自立支援制度の主な対象者
3.「第2のセーフティネット」の意義と必要性
4.生活困窮者自立支援制度で実施される事業
5.生活困窮者自立支援制度の理念と対象者の考え方
6.具体的な事業の内容
7.制度施行に向けたステップ
8.それぞれの地域の状況に応じた事業の構築
──────────────────────────────────────
先進事例報告1
──────────────────────────────────────
 川崎市における自立相談支援機関での取り組み
      川崎市 健康福祉局生活保護・自立支援室 担当係長 平井 恭順 氏
──────────────────────────────────────
先進事例報告2
──────────────────────────────────────
 豊中市における自立相談支援機関での取り組み
      豊中市 健康福祉部福祉事務所 企画グループ 西岡 政次 氏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート26
──────────────────────────────────────
 からだもこころも元気になれるコミュニティカフェ
「農風cafe杜ノ遊庭(あしびな)」柳沼 晋 氏(宮城県仙台市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第195回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 あの海はいま青くして
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(19)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『自我の構図』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年9月号(通巻390号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 起業家を支える地域づくりと復興
──────────────────────────────────────
レポートT
──────────────────────────────────────
 宮城県震災復興起業支援事業(平成25年度)
  「新たな一歩プロジェクトみやぎ」の取り組み
1.宮城県震災復興起業支援事業の概要
2.「新たな一歩プロジェクトみやぎ」〜HITの取り組み〜
3.新規起業家の顔ぶれ
──────────────────────────────────────
座談会 
──────────────────────────────────────
 起業への一歩を支え、復興の一助を担う起業支援の在り方とは
   〜内閣府復興支援型地域社会雇用創造事業(H24)
      宮城県震災復興支援事業(H25)の取り組みを通じて〜
1.自らの教訓を起業家支援に注ぐ
2.被災地の起業家ゆえの課題
3.人口急減は2040年から始まる
3.起業家・経営者が求めるセミナーとは
4.起業のまち医者「ソーシャル・ビジネス・コーディネーター」の可能性
──────────────────────────────────────
レポートU
──────────────────────────────────────
 平成24年度 内閣府「復興支援型地域社会雇用創造事業」で起業
 農村の資源を引き出し、豊かな食とツーリズムを提供
         株式会社かんな 高橋 テツ 氏(岩手県花巻市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート25
──────────────────────────────────────
 障がい者が自立するために地域に「働く場」をつくる
                  大佛 司 氏(北海道中標津町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第194回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 朽ちかけた木の墓標の下に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(18)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『積み木の箱』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年8月号(通巻389号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 人口「急減」社会を直視する
──────────────────────────────────────
特集T
──────────────────────────────────────
 ◆「消滅可能性都市896自治体」発表の衝撃
──────────────────────────────────────
1.「極点社会」の発表(2013年12月)
2.「人口移動が収束しない」独自推計とは
3.「消滅可能性都市896」の発表
4.地域独自の人口分析と学際的な取組の必要性
──────────────────────────────────────
 ◆記者会見レポート 
  日本創成会議・人口減少問題検討分科会
──────────────────────────────────────
特集U
──────────────────────────────────────
 ◆人口減少社会2040年「以降」を考える
1.人口の慣性〜人口の動きは巨大タンカーと同じだ〜
2.社人研の推計を2010年まで延長してみる
   〜人口減少社会の行きつく先を考える〜
3.人口急減は2040年から始まる
4.北海道の人口減少に歯止めをかける
5.2040年以降の人口構造
4.北海道の人口減少に歯止めをかける
5.2040年以降の人口構造
6.広域の連携で対処する
──────────────────────────────────────
レポート 
 地域社会雇用創造事業(H22〜23実施)
 北海道社会的企業起業プランコンペ採択者2年後の状況について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート24
──────────────────────────────────────
 病気の予防にもなる美味しくて栄養満点のランチ提供(北海道中標津町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第193回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
 深い霧の奥で独り想う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(17)/石井一弘 
──────────────────────────────────────
 『千利休とその妻たち』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年7月号(通巻388号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集  
──────────────────────────────────────
 グローバル人材としての働き方
        〜現場からの報告を中心に〜

──────────────────────────────────────
◆ ともに働けば世界は広がる 〜北海道の可能性
──────────────────────────────────────
◆ グローバル人材を育てる北海道農業
──────────────────────────────────────
  テーマ1 地域とともに育つ酪農技術者(別海の場合)
   酪農家に重宝される外国人技能実習生
                   (北海道近代酪農協同組合 営農支援部)
   人こそ資源である。必要な人材は国籍問わず「豊か」に暮らせる環境整備を
                   (有限会社中山農場 中山 勝志 社長)
  テーマ2 農業人材育成の拠点としての十勝の可能性
   国際協力の経験を活かし、母校で国際協力人材育成に向けた
     カリキュラム、制度を整備(帯広畜産大学 小疇 浩 教授)
   国際協力プロフェッショナルを地域で育てる
                 (JICA北海道国際センター(帯広))
──────────────────────────────────────
 【トピックス・人】
   日露で磨いた国際感覚〜金融から農業まで
           (株式会社北海道銀行 国際部ロシア室 主任 十川 聖代 氏)
   中国における日本農機ディストリビューターへ
           (株式会社IHIスター海外営業部 農学博士 申 宝明 氏)
──────────────────────────────────────
◆ 北海道における医療の国際展開
──────────────────────────────────────
  テーマ1 社会医療法人北斗の海外展開モデル
   十勝日露医療交流の先駆者、ロシアでの予防医療普及を目指した
          画像診断センターの展開 (社会医療法人北斗 北斗病院)
   人こそ資源である。必要な人材は国籍問わず「豊か」に暮らせる環境整備を
                   (有限会社中山農場 中山 勝志 社長)
  テーマ2 北海道における医療国際化の3つの現場から
   医師と教師、双方で培った経験を露西亜人医師研修で発揮(札幌医科大学)
   一刻を争う医療現場で、結果を見せて中国人と信頼関係を築く(旭川医科大学)
   患者の声に耳を傾けて、ロシア人のハートをつかむ(函館新都市病院)
──────────────────────────────────────
 【トピックス・人】
   サハリン駐在経験を活かして、北海道起業の進出サポート
           (北洋銀行 国際部国際課ロシア担当 調査役 亀井 良司 氏)
   根室からベトナムに日系企業初のメガネ店が進出
              (株式会社すずき 代表取締役社長 鈴木 新一 氏)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 粕谷一希氏を悼む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート[23]
──────────────────────────────────────
 「まんが」でまちを活性化! まんが広告 まんがdeメッセージ事業
   株式会社あなたのブランド研究所 大沼 富美男 氏(宮城県仙台市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第192回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『静寂という名の文明を想う』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(17)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『細川ガラシャ夫人』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2014年6月号(通巻387号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 過疎地域における地域包括ケアシステムの構築」
      〜「住み続ける」を支える地域づくり〜

──────────────────────────────────────
レポートT 介護保険制度の動向と
         過疎地域における地域包括ケアシステム
──────────────────────────────────────
 1.地域包括ケアシステムの概念
 2.介護保険制度における「地域包括ケアシステム」
 3.過疎地域における地域包括ケアシステム構築にかかる課題
 4.過疎地域における地域包括ケアシステムの実現に向けて
──────────────────────────────────────
レポートU 北海道における地域包括ケアシステムの取組み事例
──────────────────────────────────────
 【美瑛町】
日常生活圏域ごとに多機能の福祉サービス拠点を設置
【網走市】
 住民主体の介護予防事業と「地域密着・分散型」の施設配置
【幌加内町】
地域医療体制の構築と介護施設の設置によるサービス空白地帯の解消
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート[22]
──────────────────────────────────────
地域特有の資源「エゾシカ」を活かした産業の取組
   株式会社24K 高瀬 季里子 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第191回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『散歩の季節に誘惑されよ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(15)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『旧約聖書』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年5月号(通巻386号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 農業の多様性を引き出し、発展させる政策と北海道
──────────────────────────────────────
レポート 北海道における農業を通じた「地域づくり」
         〜“多様性”が求められる北海道の農業〜
──────────────────────────────────────
 1.人口減少傾向にある北海道と農業への期待
 2.北海道の農業を取り巻く現状
 3.他分野との連携に注目
 4.多様な人達が関わるこれからの新しい農業の形:「農業を通じた地域づくり」
 5.本号の紹介
──────────────────────────────────────
講演 教育、福祉、観光に農村の力を活かす
         新しい農業性格の視点と活用のヒント
[第1部 講演]
1.教育と連携した都市と農村の交流促進
   石橋 正之氏(農林水産省農村振興局 農村政策部
            都市農村交流課 グリーン・ツーリズム班課長補佐)
 2.農業と福祉をつなぐ新しい仕組み
    松本 誠司氏(農林水産省農村振興局 農村政策部
            都市農村交流課 活性化推進班課長補佐)
[第2部 意見交換]
──────────────────────────────────────
レポート 若者・障がい者の就労支援と農村地域再生に挑む
                 NPO法人サトニクラス(月形町)
──────────────────────────────────────
(1)「里に暮らす」「里に学ぶ」
(2)知的障がい者施設「雪の聖母園」の理念を継ぐ
(3)農村文化の継承を担う
(4)漬物作りで冬期の就労体験を提供
(5)若者の潜在能力と農村の価値
(6)若者と巣立ちを後押し
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート[21]
──────────────────────────────────────
 多用な人が携わること「働く」機会の大切さ
     NPO法人ワークフェア 本見研介 氏(北海道北見市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第220回)/粕谷一希 
──────────────────────────────────────
『プーチンのPR』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第190回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『浅春に酒と本を語る』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(14)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『ちいろば先生物語』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年4月号(通巻385号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 ユーラシア大陸のど真ん中。中央アジアから世界を見る
──────────────────────────────────────
インタビューT 中央アジアの今を語る
         宇山 智彦 氏 北海道大学スラブ研究センター長
──────────────────────────────────────
 1.ロシアから見える中央アジアの変化
 2.見えない大統領候補
 3.大国との外交は南極続き
 4.留学生が切り拓く日本への道
 5.周囲との相互関係の中で生きる
──────────────────────────────────────
対 談  中央アジアと日本の協力関係を如何に構築するか
──────────────────────────────────────
田中 哲二 氏 中央アジア・コーカサス研究所・所長
都留 信也 氏 一般社団法人 海外農業開発協会・理事
──────────────────────────────────────
インタビューU 米ロ安全保障戦略における中央アジア
       兵頭 慎治 氏 防衛省 防衛研所 地域研究部 米欧ロシア研究室長
──────────────────────────────────────
レポート 「写真の町」東川町のウズベキスタン交流
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート20
──────────────────────────────────────
塩竃の「人」「まち」を元気にする塩竃桜をモチーフにした商品づくり
     株式会社ハレノヒ 鈴木 つゑ子 氏(宮城県塩釜市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第189回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『転んでもすぐに立ち上がれ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(13)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『尾灯』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2014年3月号(通巻384号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 資源循環と地域再生
──────────────────────────────────────
 レポートT 丸玉産業株式会社・津別協同組合
          環境保全と地域活性化の両立に向けた取組
──────────────────────────────────────
T.人口減少社会における地域の可能性
1.持続可能な社会を実現するための地域社会システム
 2.エネルギーの地産地消
U.循環型社会の構築と地域再生
 1.再生可能エネルギーと地域の持続可能な発展
 2.地球環境と森林
 3.林業のまちの可能性〜津別町の取組〜
V.林業とTPP
 1.北海道の森林・林業の動向
 2.TPPと林業、そして地域の将来
──────────────────────────────────────
レポート 「CFPオフセットポイント制度〜どんぐりポイント制度〜」の取組
──────────────────────────────────────
1.「どんぐりポイント」制度の仕組み
2.丸玉産業株式会社の取組
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート19
──────────────────────────────────────
理解のある消費者に福島県田村地方の農産物を届ける
    株式会社 壱から屋 大河原 多津子 氏(福島県田村市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第188回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『キジも泣かずば撃たれまい』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 (編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(12)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『 母 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2014年2月号(通巻383号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 分権社会型の地域マネジメント
──────────────────────────────────────
講演T 多様な主体の地域連携を目指して
──────────────────────────────────────
1.人はなぜ「協働」するのか
2.「現代文明」によって我々は「幸せ」になったのか
3.専門分化社会の功罪
4.「ヒト」の「ココロ」にある「利他のこころ」を活かす知恵
5.多様な主体による協働作業
──────────────────────────────────────
講演U 永松市長が語る豊後高田市の「教育の町づくり」
──────────────────────────────────────
1.豊後高田市というところ
2.豊後高田市の教育の町づくり
3.学校週休2日制を生かすまでの取り組み
4.『学びの21世紀塾』
5.文部科学省も事業に着目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート18
──────────────────────────────────────
八剣山地域から発信するドイツ流の環境教育 NPO八剣山エコケータリング
  フュルスト・ビルギット・ビアンカ氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第219回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『知性の在り方』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第187回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『横丁に小さな歴史あり』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(11)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『水なき雲』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2014年1月号(通巻382号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 北海道の地域戦略は自らが描く
──────────────────────────────────────
【座談会】次世代を見すえ、今すべきこと
──────────────────────────────────────
1.国家戦略特区に埋没する地域
2.地域の戦略を機能させるには
3.リージョナリズムの延長にあるグローバリズム
4.“大胆に”、“シンプルに”が戦略のキーワード
──────────────────────────────────────
レポート 地域戦略としての「国際人材育成拠点化」を目指す
──────────────────────────────────────
1.北海道の強みを再認識する
2.国際化を前提とした北海道の地域産業・それぞれの試みと課題
3.地域と国際社会ともに発展するためのスキーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート17
──────────────────────────────────────
評価に重点を置いたリハビリと専門性を活かした地域貢献
(一社)デイサービス・居宅介護支援事業所あしすと 田中 敏樹 氏(北海道北広島市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第186回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『万葉にふさわしい北の大地』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 (編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(10)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『愛の鬼才』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年12月号(通巻381号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 G空間社会の今PARTU 
   農業と先端技術。さらなる新化を目指して

──────────────────────────────────────
レポートT 衛星測位、GISの先端技術で挑む−地域課題の解決〜
──────────────────────────────────────
1.農業気象システムから配信される地理空間情報
 (1)岩見沢市農業気象システム配信メニュー
 (2)配信情報の利活用と効果〜生育予測・病害予測〜
 (3)有効活用に向けた今後の課題
2.GPSガイダンス機器の活用と展開
 (1)高精度即位情報の利用環境
 (2)GPSガイダンス機器の導入効果〜水田代掻き〜
 (3)農業分野におけるGPSガイダンス機器の現状及び課題
 (4)地域課題解決に向けた多分野への応用
3.G空間社会の実現に向けて
──────────────────────────────────────
レポートU 岩見沢市におけるIT農業導入までの経過と背景
──────────────────────────────────────
.岩見沢市の先進性
2.次世代農業気象システム導入まで
3.“気象情報”は共通課題。誰がどう提供するのか
4.GPS−RTK基地局設置及び自走型トラクタの導入
5.技術開発への期待と知見・技術の伝承
──────────────────────────────────────
レポートV 「IT活用による地域課題解決検討会」始動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート16
──────────────────────────────────────
自然の香りある暮らしづくりを提案
   黒田ハーブ園※北海道(株) 黒田 正子 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第218回)/粕谷一希
──────────────────────────────────────
『軍師好き?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(9)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『塩 狩 峠』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年11月号(通巻380号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
  異文化と触れ合う中、地域を見つめ直す
──────────────────────────────────────
レポートT 世界からサイクルツーリズムを呼び込む−道東の試み
──────────────────────────────────────
1.自転車ツアー受け入れの基盤づくりに乗り出す
2.十勝〜道東のサイクルツーリズム事情
3.多様なツアー客のニーズに応える
4.交流を通じて地域の魅力に再発見
5.広域の連携とSNSの活用
6.ガイドに求められる力
7.カギは地域社会への見直し
──────────────────────────────────────
レポートU 世界遺産白川郷に学ぶ持続可能な観光の必要性
                 〜中南米研修生との視察から
──────────────────────────────────────
1.白川村荻町概要
2.白川村観光の現状
3.白川村荻町を訪問して
──────────────────────────────────────
レポートV 『北の技術』という原石が輝きだす時〜キルギス共和国と北海道の共振
──────────────────────────────────────
1.はじめに
2.なぜ、キルギス共和国と北海道?
3.キルギスの建築〜青年技術士による説明
4.道路について〜青年技術士による説明
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート15
──────────────────────────────────────
こだわりの健康食カフェ「ホッとハウス」でがん患者支援
   合同会社サポートセンター四季 鈴木 玲子 氏(宮城県登米市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第217回)/粕谷一希 
──────────────────────────────────────
『眞田十勇士のイメージ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第185回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『ヨイトマケの唄を遠く聴き』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 (編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(8)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『われ弱ければ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年10月号(通巻379号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 女性と農業−北海道農業の戦後から現在−
──────────────────────────────────────
インタビュー 農村の暮らしと女性に関わり続けて
──────────────────────────────────────
1.女性農業者“今が転換期”
2.女性起業家たちのマンマのネットワーク
3.妥協しない議論で前に進む
4.触発されて起業する人たち
5.課題は販売方法、販売量の確保
6.貧しかった農村。生活改善に走り回る
7.政策課題に合わせて生活改善を指導
8.農家の女性に経営簿記を
9.経営を知り“直売所”の発想が生まれる
10.女性の社会参画“見えない壁”
11.社会貢献の方法は様々
12.生活改善事業の成果
──────────────────────────────────────
レポートT 農家の嫁から経営者へ〜起業する女性たち
──────────────────────────────────────
1.「北のカレー工房きらら」地元食材でカレー屋さんを経営
2.「仁原農園」自家製の豆を活かしてパンの製造・販売を計画
──────────────────────────────────────
レポートU 北海道の農村における女性農業者の社会参画の現状
──────────────────────────────────────
1.男女共同参画基本計画による農業分野での女性登用の推進
2.農業委員会における女性農業者の登用状況
3.農業協同組合における女性役員の登用状況
4.女性農業者の起業の状況と北海道における女性農業者支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート14
──────────────────────────────────────
東北地方で活躍する芸術家を支えるギャラリーの設立
合同会社クロスクラフト 溝渕 真琴 氏(宮城県蔵王市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第216回)/粕谷一希 
──────────────────────────────────────
『沖縄は誰のものか』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第184回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
『わが大センパイ永井荷風』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 (編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(7)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『道ありき』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年9月号(通巻378号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集  
──────────────────────────────────────
  北海道が受け継ぐ自然と文化
   −辻井達一先生が遺したメッセージ−

──────────────────────────────────────
対談 ラムサール条約登録と釧路湿原―辻井先生の想い
──────────────────────────────────────
1.ラムサール条約登録以前〜辻井先生と出会った頃
2.釧路湿原への着目〜時代の変化
3.自然保護と開発の間に辻井先生
4.湖沼湿地研究所構想
5.行動し、楽しむ研究者

6. 受け継ぐ者たち〜北海道の自然も人も魅力を引き出す
──────────────────────────────────────
インタビュー【T】霧多布湿原の保全と活用〜住民活動の軌跡を振り返る
──────────────────────────────────────
1.「無用の地」だった湿原
2.東京の移住者から湿原の価値を学ぶ
3.ファンクラブ結成とラムサール条約登録
4.トラスト運動の進展とNPO法人化
5.全国の有志の応援団が協力企業とつなぐ
6.環境意識の高揚からワイズユースの実践へ
7.辻井先生との約束
──────────────────────────────────────
インタビュー【U】『カルチャーナイト』実行委員長を10年務めていただいた恩人
──────────────────────────────────────
1.代表に辻井先生
2.辻井先生とカルチャーナイトの「10年の歩み」考
3.辻井流柔軟思考に学ぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート13
──────────────────────────────────────
障がいの有無に関わらず様々な人が交流するパン屋
   ウナベツ岳メーメーベーカリーカフェ 小和田 久美子 氏(北海道斜里町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第183回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『千年の時空を超えて』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 (編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(6)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『新約聖書』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年8月号(通巻377号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
 起業で導く復興と地域再生
──────────────────────────────────────
レポートT 「地域社会雇用創造事業」におけるHITの取り組みと成果
──────────────────────────────────────
1.内閣府「地域社会雇用創造事業」の背景
2.地域社会雇用創造事業の概要と実施主体
3.HITとしての取り組み〜北海道の実績と東北地域での展開(平成23年度)
4.東北地域における主なインキュベーション事業の活動内容(平成24年度)
5.東北地域における主な成果(平成24年度)
6.今後に向けて
──────────────────────────────────────
レポートU 「復興支援型」地域社会雇用創造事業
         社会起業家たちの「復興」の歩み
──────────────────────────────────────
1.宮城県岩沼市 佐藤 ゆかりさん
2.福島県南相馬市 星 巌さん
3.岩手県九戸郡野田村
──────────────────────────────────────
レポートV 地域社会雇用創造事業 北海道社会的企業起業プランコンペ
       H22〜23年度採択者の1年後の状況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート12
──────────────────────────────────────
子育中の母親たちの「憩いの場」から「世代を超えた交流の場」を目指して
     おうちカフェ みんなの家 小野 清美 氏(北海道江別市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第182回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『理念と生きている資格』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(5)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『青い棘』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年7月号(通巻376号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集
──────────────────────────────────────
  北海道の経験と技術がユーラシア大陸を潤す
──────────────────────────────────────
インタビューT 北海道発「アグリロード」の実現に向けて
──────────────────────────────────────
〔T〕“じっくり”取り組む課題
〔U〕寒冷地ビジネスへの着目
〔V〕農業生産の現場
〔W〕己を知って外に出る益
──────────────────────────────────────
インタビューU 地方からの国際協力の多様な可能性〜北海道の場合
──────────────────────────────────────
〔T〕半世紀の歩みが物語ること
〔U〕JICAの役割も変わる
〔V〕新しいJICAと北海道
〔W〕途上国と北海道の関係創り
──────────────────────────────────────
レポート 寒冷地技術におけるモンゴルへの支援【旭川市】
──────────────────────────────────────
〔T〕旭川からモンゴルへの協力に見る地域からの国際協力
〔U〕インタビュー@ 轄qg 取締役社長 高喜久雄 氏
〔V〕インタビューA 旭川市 駅周辺開発担当部長 後藤純児 氏
〔W〕まとめ 〜2つの経験から得られる知見
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート11
──────────────────────────────────────
失語症者とその家族が暮らしやすい環境づくりに取り組む
   NPO法人失語症サロンいーたいむ 金浜 衣妃子 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第215回)/粕谷一希 
──────────────────────────────────────
『歴史認識のための国際会議を開け』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第181回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
『知の巡礼にいざたたん』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(4)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『果て遠き丘』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年6月号(通巻375号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集
──────────────────────────────────────
 生活困窮者支援精度(仮称)から
         地域福祉と地域のあり方を考える

──────────────────────────────────────
レポートT 生活困窮者支援の仕組み
──────────────────────────────────────
はじめに
1.生活困窮の現状と課題
2.行政と民間の協働による支援体制の構築と相談支援事業の実施
3.相談支援のプロセスと特徴
4.制度により創設・制度化されるサービス
5.支援事例
6.制度導入への準備
7.「地域づくり」への展開

おわりに
──────────────────────────────────────
レポートU 地域における生活困窮者支援の実践例
             一般社団法人北海道総合研究調査会 研究員 辻 涼子
──────────────────────────────────────
1.「総合的な相談支援」の取り組み事例
2.「地域連携・地域づくり」の取り組み事例
3.地域での展開に向けて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート10
──────────────────────────────────────
地域の人や復興関係者が集い学び合う学校の設立
   NPO法人蓮笑庵くらしの学校 渡邉 仁子 氏(福島県田村市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第214回)/粕谷一希
──────────────────────────────────────
菊池史彦著『「幸せ」の戦後史』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第180回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『距離のモンダイを考える』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(3)
/石井一弘
──────────────────────────────────────
『海 嶺』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年5月号(通巻374号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集
──────────────────────────────────────
  地域がエネルギーを選ぶ時代−北海道の選択肢−
──────────────────────────────────────
対談 「日本のエネルギー戦略と北海道」
                 JOGMEC・石油調査部 本村 眞澄 氏
             ERINA副所長/HIT特別研究員 杉本 侃 氏
──────────────────────────────────────
インタビューT 北海道のエネルギー戦略を語る
          〜増山 壽一局長(経済産業省・北海道経済産業局)
──────────────────────────────────────
レポート エネルギー自治へ動くまち
──────────────────────────────────────
事例1/下川町 森林の町から「木質バイオマス」の町へ
事例2/喜茂別 地中熱による暖房費ゼロ住宅
──────────────────────────────────────
インタビューU 北海道の潜在的エネルギー
          〜竹内 秀幸局長(北海道経済部産業振興局)
──────────────────────────────────────
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートH
──────────────────────────────────────
日本で二番目に北にある銭湯「黄金湯」が紡ぎ出す「居場所」と「出番」
   (株)自由起画 渡辺 由起子 氏(北海道中頓別町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第213回)/粕谷一希
──────────────────────────────────────
『記憶と記録…桐一葉』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第179回)/轡田隆史
──────────────────────────────────────
『新・やせガマン説ここに』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴(編集後記)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(2)/石井一弘
──────────────────────────────────────
『天北原野』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年4月号(通巻373号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 
──────────────────────────────────────
  G空間社会の今〜地理空間情報という社会システムの一翼
──────────────────────────────────────
1.G空間情報とは?
2.地理空間情報活用推進基本法と地理空間情報活用推進計画
3.地理空間情報高度活用社会「G空間社会」とは?
4.HITのG空間社会構築に向けた取り組み
5.G空間社会実現に向けた課題
6.G空間社会の実現に向けて
──────────────────────────────────────
インタビュー 橋本雄一教授が語る「G空間情報」
──────────────────────────────────────

1.2008年以降の進展
2.ビジネス展開
3.地理空間情報を扱える人材養成
4.道内自治体ハザードマップ作成への協力
5.冬場の北海道の避難所
6.地図情報のニーズも段階を踏む
──────────────────────────────────────
レポート IT農業で時代変革の先頭を走る岩見沢〜研修会講演要旨
──────────────────────────────────────
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートG
──────────────────────────────────────
おしゃれなマタニティウェアと作業服による女性の意欲促進
    株式会社 立歩(リーフ) 森山 加亜奈 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第212回)/粕谷一希 
──────────────────────────────────────
『米国・日本・沖縄』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第178回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
『「バカ」も国家機密のうち』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 風の景 三浦綾子の舞台を旅する(1) /石井一弘
──────────────────────────────────────
『氷点』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年3月号(通巻372号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 子どもの存在を地域の力に
──────────────────────────────────────
インタビュー 地域が力を取り戻す再生の鍵は「子ども」「家族」への支援
          小銭 寿子 名寄市立大学保健福祉学部社会福祉学科 准教授

──────────────────────────────────────
レポート【T】子どものためのコミュニケーションコーチング
        「ココから塾」が育む「人とのつながり」
──────────────────────────────────────
レポート【U】「児童館」を囲んだまちづくり 東京都世田谷区「森の児童館」
──────────────────────────────────────
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートF
──────────────────────────────────────
いじめやいさかいに真っ向から切り込むメディエーションの普及
     NPO法人フレンズネット・北海道 小林 公司 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第211回)/粕谷一希 
──────────────────────────────────────
『ストーカー談義』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第177回)/轡田隆史 
──────────────────────────────────────
『日銀総裁とヤジウマ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2013年2月号(通巻371号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 『地方空港』の今を考える−提案型の航空政策へ−
──────────────────────────────────────
インタビュー エアドゥ帯広―羽田間新規就航― 十勝地域一丸の活動と今後の課題
──────────────────────────────────────
1.単一航空会社独占で価格に不満。地域がまとまり活動
2.道東の玄関口として。各観光地との連携をPR
3.エアドゥ就航後、乗客率UPで順調な運航続く
4.国際化への取り組み、今後の課題は
──────────────────────────────────────
座談会 「これからの地方空港」 政策の視点と地域の役割
──────────────────────────────────────
野村 宗訓 関西学院大学教授
引頭 雄一 関西外国語大学教授
福田 晴仁 西南学院大学准教授
──────────────────────────────────────
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートE
──────────────────────────────────────
地域の障がいのある方に就労の機会を増やしたい
   株式会社Giggles(ギグルス)武士 博之 氏(北海道名寄市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第210回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『公共性とは何か』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第176回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『ヘナチョコ元・記者の嘆き

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2013年1月号(通巻370号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 2013年、賢明に生きる国民の視点。
──────────────────────────────────────
インタビュー【T】竹島一彦氏が語る 「明日の日本」「明日の北海道」
               聞き手/HIT理事長 五十嵐智嘉子
──────────────────────────────────────

【T】昭和から平成
【U】省庁再編
【V】人材の消長
【W】凛とした日本人に
──────────────────────────────────────
インタビュー【U】道内「まち歩き」達人が「生きる場所」(トポス)を語る。
──────────────────────────────────────
【T】「まち歩き」=「トポス」×「パトリ」
【U】10店10色が教えること
──────────────────────────────────────
◇  地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートD
──────────────────────────────────────
コミュニケーション・スキルを磨いて豊か人・まちづくり
(一社)コミュニケーション教育協会 黒澤 俊実 氏(宮城県仙台市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第209回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『経済が社会を破壊する』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第175回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『春の絵とロックと歌会始』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2012年12月号(通巻369号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
 『在宅ワーク』で働く
──────────────────────────────────────
レポート【T】在宅ワークサポートセンター 「新しい働き方」の可能性を考える
──────────────────────────────────────
●・・・
はじめに

1.在宅ワークサポートセンターの登録者
2.在宅ワークサポートセンターの役割と仕組み
3.在宅ワークサポートセンター運営の課題
──────────────────────────────────────
インタビュー 「ひとり親家庭の在宅就業の仕組み」
         東京都ビジネスサービス株式会社 主任研究員 保坂 圭太氏
──────────────────────────────────────
座談会 “在宅ワーカー”という選択
──────────────────────────────────────
レポート【U】訓練修了者の動向
──────────────────────────────────────
在宅ワークサポートセンターへの登録をしなかった修了者の動向
                 (アンケート調査結果から)
──────────────────────────────────────
◇  地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートC
──────────────────────────────────────
地域住民とともに考える留萌の魅力ある地域づくり
     株式会社コササル 佐藤 太紀 氏(北海道留萌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第208回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『なぜ異常な犯罪が起こるのか』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第174回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『伝統文化を否定するものは』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2012年11月号(通巻368号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「多文化が地域を刺激する」
──────────────────────────────────────
インタビュー 人口4704人のニセコ町の国際化
       北海道インターナショナルスクール開校を片山町長に聞く。
──────────────────────────────────────
●・・・
──────────────────────────────────────
レポート 異国「北海道」で起業するフロンティア・スピリット
──────────────────────────────────────
最高の素材からワインの産地に
●・・・
1.ワインコンサルタントとして、日本へ
2.栗沢のぶどうとの出会い
3.「ワインは農産物」
4.産地づくり

南区から自然エネルギーの可能性を発信
●・・・
1.北海道との関わり
2.自然エネルギーの可能性を自ら実証
3.北海道の可能性
4.起業の苦労、そしてこれから

北海道で「日露経済」発展に取り組んで3年
●・・・
1.20年をこえる北海道生活
2.異国で創業
3.日本製品への信頼
4.新ジャンルの市場開拓
──────────────────────────────────────
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートB
──────────────────────────────────────
心に悩みを抱えた人の交流の場「寺子屋カフェ」を運営
     NPO法人Continue 渡部 明美 氏(北海道札幌市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第207回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『領土国家の時代?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第173回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『魂の行き来する道筋』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2012年10月号(通巻367号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集「活況するグリーンツーリズム」
──────────────────────────────────────
レポート【T】北海道における農村ツーリズム 修学旅行受け入れの可能性と課題
──────────────────────────────────────
●・・・

1.グリーンツーリズムとは
2.北海道のグリーンツーリズム
3.修学旅行生の受け入れ〜長沼町の場合
4.広域組織「そらちDEいーね」の取り組み
5.課題は受け入れ農家の確保
6.国の助成金制度を活用 障害を持つ子ども達の修学旅行
──────────────────────────────────────
レポート【U】スローな旅が生む経済効果
──────────────────────────────────────
●・・・
1.緩やかに燃え始めた自転車熱
2.観光に生かす、新しい「足」
3.進んだ諸外国の自転車事情
4.インバウンドサイクリング誘客の可能性
5.女性サイクリストの増加
6.自転車観光の先進地をめざして
7.地元の資源を知るところから
──────────────────────────────────────
五感を刺激する地域資源を楽しむ 〜『バードウォッチング』最新の動き
──────────────────────────────────────
●・・・
──────────────────────────────────────
◇ 地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポートA
──────────────────────────────────────
 食を通じた地域の健康増進と雇用を創出
     NPO法人ライフサポート絆 徳島 義人 氏(北海道旭川市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第206回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『地球温暖化について』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第172回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『スローとノロ魔の間』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2012年9月号(通巻366号)
 
◆ 目次 ◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「『高齢者住宅』新事情」
──────────────────────────────────────
レポート【T】住宅難解消からストック重視へ。
       変遷する住宅政策。福祉と住宅政策を融合
──────────────────────────────────────
●・・・
──────────────────────────────────────
インタビュー「事業者による任意団体を設立
       北海道高齢者向け住宅事業者連絡会 奥田会長に聞く」
──────────────────────────────────────
●・・・
事業者自らが襟を正す
高まる高齢者向け住宅への関心
第三者評価ガイドラインを作成
課題は権威付けと評価員の養成

──────────────────────────────────────
レポート【U】民間住宅活用型住宅セーフティネット
       整備推進事業及び最近の高齢者住宅政策について
──────────────────────────────────────
●・・・
1.公演内容
2.セミナー会場
──────────────────────────────────────
◇ 新連載  地域課題を『宝』に変えて  社会起業家 活動レポート@
──────────────────────────────────────
 障害のある方や不登校の子どもに「居場所」を提供
    NPO法人いちえ 山本 節子 氏(北海道羽幌町)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第205回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『徳本英雄氏を悼む』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第171回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『女王陛下と007は空から』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2012年8月号(通巻365号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「『復興』最前線」
──────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────
レポート【T】社会起業家を伴走サポート
        “復興支援型”地域社会雇用創造事業「新たな一歩プロジェクト」
──────────────────────────────────────
●・・・
1.「地域社会雇用創造事業」(平成22〜23年度)
2.「復興支援型地域社会雇用創造事業」(平成24年度)
3.「新たな一歩プロジェクト」の取り組み
4.今後に向けて
──────────────────────────────────────
レポート【U】市民から社会起業家へ〜「新たな一歩プロジェクト」採択者に聞く
──────────────────────────────────────
●・・・
青果岡崎 岡崎 美智雄さん(宮城県仙台市)
村松 まつ子さん(宮城県本吉郡南三陸町)
石山 純恵さん(福島県福島市)
小松 洋介さん(宮城県牡鹿郡女川町)
──────────────────────────────────────
寄稿 「これからの地域メディアのあり方」
──────────────────────────────────────
●・・・
東日本大震災後の宮城県気仙沼地域での現地調査を踏まえて
           /宮城県気仙沼高等学校 加藤貴伸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第204回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『危機は機会でもある』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第170回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『テルマエ・サッポロエ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2012年6月7月合併号(通巻364号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「ヒグマとの共存」
──────────────────────────────────────
レポート【T】札幌市のヒグマ対策 ― 野生動物保護管理の課題

──────────────────────────────────────
●・・・
1.駆除廃止から捕獲増へ
2.人身・農業・生活への被害
3.北海道のヒグマ対策
4.出没が増すレッドリスト
5.ヒグマ出没の要因
6.札幌市の対策
7.札幌市の課題と有利性
8.生物多様性とグリーンエコノミー
──────────────────────────────────────
インタビュー 「アイヌが伝える共生のヒント」
──────────────────────────────────────
●・・・
1.物語と生態に共通項
2.アイヌ民族の死生観とクマ
3.人間と似ているクマ
4.クマとの共生
──────────────────────────────────────
レポート【U】ヒグマと森
──────────────────────────────────────
●・・・
1.長すぎる造林政策
2.放置された針葉樹林
3.本来の自然の森へ
──────────────────────────────────────
追悼
──────────────────────────────────────
生き抜いた「徳本 英雄」氏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第203回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『都市と国家』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第169回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『はぼまいの神のしょうゆ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇ 書評 ◇
──────────────────────────────────────
『開高健とオーパ!を歩く』 (菊池 治男著・河出書房新社・2012年2月刊)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2012年5月号(通巻363号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「学校というライフライン」
──────────────────────────────────────
レポート【T】格差へ向かう義務教育
──────────────────────────────────────
●・・・
1.「学校選択性」見直しの動き
2.昭和の学校統廃合
3.学校の適正規模とは
4.学級規模と教員配置
5.消える小規模学校
6.進む平成の統廃合
7.規模によるメリット・デメリット
8.地方の裁量拡大と教育格差
──────────────────────────────────────
レポート【U】格差へ向かう義務教育
──────────────────────────────────────
●・・・
1.人口急増から少子化へ
2.市長村合併を拒否し学校を統合

3.廃校と地域の荒廃
4.通学への柔軟なサポート
5.学校規模の限界

6. コミュニティ施設としての学校へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第202回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『松永安左ェ門のこと』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第168回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『「円空さん」と海と空と』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

  

2012年4月号(通巻362号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「『共生型を地域文化に』」
──────────────────────────────────────
レポート【T】北海道型共生事業の息吹

        ―福祉と雇用と地域経済の一体的推進―
──────────────────────────────────────
●・・・
1.「介護保険」制度からの教訓
2.「北海道型共生事業」とは
3.共生事業の代表例
4.共生事業の特徴
5.北海道型共生事業の今後の課題
──────────────────────────────────────
レポート【U】地域を巻き込む 共生の街づくり(当別町)
        特定非営利活動法人ゆうゆう 理事長 大原 裕介氏
──────────────────────────────────────
●・・・
1.事業の開始は一人のニーズから
2.共生型のターミナル機関を開設
3.介護予防をボランティアのインセンティブに
4.当別町独自の「共生型パーソナルアシスタント」
5.専門性とは、住民を巻き込むマネジメント力
6.共生型コミュニティ農園の創設
7.悪循環にテコ入れする新しい発想を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第201回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『プーチン政権のロシアと胡錦涛の中国』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第167回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『啄木と荷風のあいだ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2012年3月号(通巻361号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇
──────────────────────────────────────
●特集は「震災から1年」
──────────────────────────────────────
寄稿 新聞販売店からミニコミ紙を毎日発信(気仙沼)
──────────────────────────────────────
●・・・
1.大震災発生、その時私は
2.2日目
3.自衛隊の出動と河北新報の配達開始
4.「ふれあい交差点」災害特別号の発行
5.カツオ、サンマ、ワカメの復活
6.大災害は他人事ではない
7.紙の力の再確認
──────────────────────────────────────
レポート 「災害移動支援ボランティア・Rera」に参加して  

       〜田中美千代さんの場合〜
──────────────────────────────────────
●・・・
1.惨状に言葉が見つからなかった
2.「Rera」を知ってもらい、使ってもらうために留意したこと
3.「Rera」を通じて再認識したことなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第200回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『仙台と被災地』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第166回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『平清盛とオリンピック』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
 中里 準治『北海道農業って』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 書評 ◇
──────────────────────────────────────
『Yansh』 /hokkaido wakkanai
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2012年2月号(通巻360号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「売り込め!北海道」
──────────────────────────────────────
インタビュー「北海道産原料のハーブを世界に〜道東・北見から」
──────────────────────────────────────
●・・・
1.海外で道産の自社製品を売る
2.原材料生産は自社農場で
3.色も愉しむハーブティ
4.地域の自然環境に即応した植物(ハッカ&産業用大麻)に着目
5.地域資源と世界
──────────────────────────────────────
レポート 農家のプロ集団「情熱ファーム」の挑戦
──────────────────────────────────────
●・・・
1.農家初の空港ショップ「情熱ファーム北海道」
2.「旬」に勝る付加価値はない
3.大塚オーガニックファームとしての取り組み
4.北海道農業のブランディング ― 可能性と壁
5.TPPと北海道農業の未来
──────────────────────────────────────
レポート 循環型農業のポーク・ブランド(当別町)
──────────────────────────────────────
●・・・
1.当別のSPF豚認定農場
2.農業の歴史をブランド化
3.販売を通じて消費者からフィードバック
4.規格外が売れる空港アンテナショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第199回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『日本の政治がおかしい』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第165回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『またまた例の「怒り節」』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

2012年1月号(通巻359号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「ピンチを“宝”に変える社会的企業」

──────────────────────────────────────
レポート【T】起業家育成から雇用創造へ
──────────────────────────────────────
●・・・
1.社会的企業とは
2.日本のNPOと社会的企業
3.未成熟な企業風土
4.70億円の社会的企業支援策
5.北海道と東北で起業家誕生
──────────────────────────────────────
インタビュー「社会的企業起業支援に関わって1年半〜担当者に聞く」
──────────────────────────────────────
●・・・
1.需要と事業の架け橋
2.事業と組織
3.経営のプロセス
4.取引のイロハ
5.地域資源の情報
──────────────────────────────────────
レポート【U】「札幌バース・プロジェクト」の魅力
──────────────────────────────────────
●・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第198回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『大阪維新の会の勝利』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第164回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『今年のお天気はどうだろう』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇ 書評 ◇
──────────────────────────────────────
『〈座談〉書物への愛』 (粕谷一希著・藤原書店刊・2011年11月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2011年12月号(通巻358号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「北海道の教育力」をテーマに、教師経験者への取材によるレポート2編で
構成しています。
──────────────────────────────────────
レポートT「学びと成長の機会均等」
──────────────────────────────────────
●全国学力テストで毎年、下位層の常連となっている北海道。厳しい経済状況や郡部
と都市部の地域差など、学力に影響を与える要素が北海道には多い。道内3地域で教
員経験を持つ現役の高校教師(匿名)の視点から、北海道の教育の課題を考える。
1.一人親世帯の多い学校
2.高校無償化でも楽にはならず…
3.都市と地方〜学校の差
4.学力テストが示す地方の課題
5.教員配置の偏りとその対策
6.小規模校ゆえに横行する「免許外教科担任」
7.子どもの意欲はどこにいても同じ
8.地方だからこそ
──────────────────────────────────────
レポートU 『「学力」と「学ぶ力」の関係』 
──────────────────────────────────────
●豊かな教職経験をもつ札幌学院大学の渡辺知樹教授と、まち文化研究所の塚田敏信
 氏のお話を通じて、子どもたちの低学力の背景について考察。
1.北海道の子どもたちの学力を訊ねに出かけた。
2.学力って何だろう。
3.現場経験から「学力」を問い直すと……。
4.両先生のコメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第197回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『地球がおかしいのか』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第163回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『「ことばの力」信じながら』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
 中里 準治『無縁社会、お一人様生活5年生の実感』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2011年11月号(通巻357号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「教育・雇用・訓練〜人材育成のミスマッチをどう解消するか」がテーマ。
レポート1編とインタビュー1編、及び「地域・魅力・探訪」のレポート1編で構成
しています。
──────────────────────────────────────
レポート「求められる人・求められる職」
──────────────────────────────────────
●人材育成のゆとりがない企業と、企業ニーズに応えていない公共職業訓練の現状と、
道内企業3社に対する人材育成や雇用状況のヒアリング結果をレポート。
1.雇用と訓練のミスマッチ
2.埋まらぬ人材、育たぬ人材
3.雇用育成〜企業の取り組み例〜
  【A総合商社】
  【B社会福祉法人】
  【Cホテル】
 インターンシップで醸成される学生の職業観〜その効果と課題
           (北海道大学キャリアセンター 課長 竹田充氏)
──────────────────────────────────────
インタビュー 『平岡祥孝教授(札幌大谷大学新学部準備室長)に聞く
         「人材基盤づくり」の新学部』 
──────────────────────────────────────
●平岡 祥孝 氏(札幌大谷大学 教授・新学部準備室長)
●札幌市
●2012年4月に新設予定の「社会学部地域社会学科」の教育理念・教育内容、企
 業が求める人材育成に対する大学の役割などについて語っていただいた。
1.北海道の高校生は地元志向が強い
2.地元企業が採用したい大卒人材
3.4年後の自己像を描く−自分づくりの大切さ−
──────────────────────────────────────
◇ 地域・魅力・探訪 ◇
──────────────────────────────────────
●「おがくず酵素浴」の事業を成長させてきた「さくらオペレーション株式会社」の
櫻井哲哉社長に、事業の経緯や全国展開の様子などをお聞きした。
1.この事業を始めた櫻井社長は今、41歳
2.岩盤浴から始まる現在
3.北海道発祥の「おがくず酸素浴」
4.酵素を現代的に活かすビジネスの一つ
5.本家本元を訪ねてみれば
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第196回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『ハリケーンとモンスーン』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第162回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『今年ばかりは黒染めに』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     
2011年10月号(通巻356号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●「持続可能なまづづくりと自転車」をテーマに、「レポート」2編とインタビュー
1編で構成しています。
──────────────────────────────────────
レポート【T】自転車という都市交通〜文化と市民権を考える
──────────────────────────────────────
●車道ではクルマと、歩道では歩行者との間で軋轢が生じている自転車。日本におい
て自転車が交通手段として市民権を得られない現状について、他国との法や政策の比
較、札幌市の取り組みや街づくりの視点についてレポートする。
1.放置されてきた自転車施策
2.道路交通法の動向と課題
3.自転車先進国の取り組み
4.札幌市における自転車施策
5.自転車偏重からの転換とコンパクトシティ
──────────────────────────────────────
レポート【U】「サイクルシェアリング」は時代の要請
──────────────────────────────────────
●数年前から、全国各地で「サイクルシェアリング(コミュニティサイクル)」が実践
されている。札幌市でこの春から同事業を開始した(株)ドーコンモビリティデザイン
の「ポロクル」のコンセプトと取り組みを紹介。
1.自転車でライフスタイルの変化の兆し
2.全国の動き
3.そこで北海道では……
4.ポロクルの新しさ
5.キーパーソンの澤充隆氏が語るポロクルの今
  ・次の50年を考える
  ・ソーシャルビジネスの扉を開く
──────────────────────────────────────
インタビュー 「自転車をメジャーな移動手段にするために」
──────────────────────────────────────
●中村 憲昭 氏(中村憲昭法律事務所・弁護士)
●札幌市
●ロードバイクの愛好家である中村弁護士に、自転車がメジャーな乗り物となってい
くために必要な交通ルールの遵守や道路環境の整備、利用者側の心得などを語ってい
ただいた。
1.体重維持がロードバイクとの出会い
2.コウモリのような嫌われもの
3.厳格化の前に周知を
4.移動空間の分離が有効
5.自転車乗りとしての心得も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第195回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『川端康成の不思議な性格』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第161回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『フロの中でこく言論』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2011年9月号(通巻355号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●「農を大切にする市民たち」をテーマに、「インタビュー」1編と「レポート」
2編で構成しています。
──────────────────────────────────────
インタビュー「難しい時代に生きる食料基地・北海道」
──────────────────────────────────────
●札幌在住の作家で、2010年8月から農林水産省「食料・農業・農村政策審議会」の
委員を務める森久美子氏に、食料基地としての北海道への思いや3.11以後の東北
との関係についてお話を伺った。
1.「3.11」後の食の情報公開
2.一般公募に応募して委員に
3.「農村」の存在が大事
4.私の基本的な考え方
5.農村のもつ秩序
6.北海道農業の強みを
7.私を含めた北海道民に苦言
農村コミュニティの再生〜復興を祈るヒマワリ〜
──────────────────────────────────────
レポート【T】都市近郊果樹の景色から
──────────────────────────────────────
●札幌市内で都市近郊農業を実践する「篠原果樹園」、就農者の育成や農を取り入れ
た街づくりを進める札幌市の取り組みと現場の状況についてレポート。
1.年季の入った果樹園の調和
2.都市が農業を大切にする理由の一つ
3.愉しみ方いろいろ
4.政令都市で取り組む「農業」
──────────────────────────────────────
レポート【U】「農」が送る街の賑わいエネルギー
──────────────────────────────────────
●札幌大通まちづくり株式会社の服部彰治取締役に、まちと生産者を繋ぐ場づくりの
実践の様子について、札幌市立大学デザイン学部の吉田惠介教授に、生活の身近なと
ころで緑や農に触れることの重要性について伺った。
1.若者たちも「農」に興味をもっている!
2.「美味しい」を求める!
3.農業と街の賑わい!
身近に「農のある暮らし」を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第194回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『人間はなぜ急ぐ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第160回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『雨とロウソクと北の旅』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2011年8月号(通巻354号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「『3・11』後の道内受け入れと行政」というテーマで、「インタビュー」
2編と「報告」3編で構成しています。以下がその目次です。

インタビュー【T】陸前高田から札幌へ〜食品加工の工場再開まで100日
──────────────────────────────────────
●岩手県陸前高田で壊滅状態となった「武蔵野フーズ」が、取引先から札幌市清田の
空き工場を紹介され、被災から100日後に生産を再開した。武蔵野和三社長にその経緯
と事業魂を伺った。
1.工場移転までの決断の速さ
2.約20年という期間で20億円の売り上げ企業にした原動力は?
3.札幌にきた3名の方々と新規採用の方々で取り組むこれから
4.北海道産の原料を取り扱ってきたことと北海道の可能性
5.「札幌で会社を立て直す」決意
──────────────────────────────────────
インタビュー【U】札幌市の「被災者向け就業相談窓口」
──────────────────────────────────────
●札幌市の震災支援施策の一つである「被災者向け就業相談窓口」。ハローワークと
協力しながら民間のノウハウを取り入れるユニークな取り組みについて、担当の佐藤
真貴子さんに語っていただいた。
1.札幌への避難は地縁や血縁など
2.求人は看護、介護職が多い
3.決断の速さとさまざまな事情
4.住居と仕事場の距離
5.地域の産業形態
6.全国唯一のセンターを活用
──────────────────────────────────────
報告【T】大震災後、事業支援する北海道・札幌市
──────────────────────────────────────
●北海道や道内の各市町村が、被災地への企業支援や道内への受け入れを申し出てい
る。そこで、今号では、北海道経済部緊急産業対策室の梅辻賢二参事、及び札幌市経
済局産業振興部経済企画課の粟崎寿也課長にそれぞれの取り組みを語っていただいた。
1.北海道らしい?幕別町の誘い
2.すでに本道で事業再編、増産体制他
3.道による被災企業に対する支援
4.札幌市の場合は
──────────────────────────────────────
報告【U】北海道・札幌市の大震災支援対策報告
──────────────────────────────────────
●北海道と札幌市のそれぞれの東日本大震災支援対策について、北海道総合政策部地
域づくり支援局・道外被災地支援グループの齋藤幹夫主幹、札幌市市長政策室政策企
画部(東日本大震災支援対策推進室)の梅田岳担当課長に取り組みの要旨を聞いた。
1.北海道(6月3日現在)の取り組み
2.札幌市(6月14日現在)の取り組み
──────────────────────────────────────
報告【V】カウンセリングの「炊き出し」
       〜小国千恵さん(北海道ハートフルコミュニケーションズ代表)
──────────────────────────────────────
●札幌大学(桑原真人 学長)が4月から実施している「リムデイ11」は、教職員、学
生、保護者などを巻き込んだ“ムリなく”参加できる募金プロジェクト。その発案者
である本田優子副学長に取り組みの内容や将来の構想などを伺った。
1.登録することになった経緯
2.需要の存在に気付くためには
3.カウンセリングの「炊き出し」
4.一般常識として被災地への配慮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第193回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『いなむらの火』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第159回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『文化遺産の栄光と責任と』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
 佐藤 寛晃『3・11東日本震災後の留学生受入れを考える(2)』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
(編集後記)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2011年7月号(通巻353号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「東日本復興支援に動く『民』」というテーマで、「報告」三編で構成して
います。以下がその目次です。
──────────────────────────────────────
報告【T】「社会福祉法人HOP(札幌)の取り組む『東日本大震災』支援事業」
──────────────────────────────────────
●札幌で障碍者の地域生活支援に取り組む社会福祉法人HOP(竹田保 代表)。日本
財団からの要請で数回に渡り被災地入りし、障碍者の視点で展開する支援活動の報告。
1.現地入りの要請
2.避難所で「人間の尊厳」はどこまで守られるか
3.私たちの任務は、目の前の人の役に立つこと
4.福祉系の担い手を育成し雇用
   5.行政的対応をしない私たちの存在
──────────────────────────────────────
報告【U】「NPO法人ねおす」の動き
──────────────────────────────────────
●震災当日に被災地入りの準備に着手したNPO法人ねおす(高木晴光 代表)は、
1992年「北海道自然体験学校NEOS」として設立された、自然体験型ツーリズム事
業を本業とする。“できることをやろう”と動く同団体の活動を報告する。
1.「3.11」夜に被災地入りを決める
2.被災地での実際の活動
3.現地で感じること
4.「ねおす」の今後の役割
5.「復興」へ小さなツーリズムを提供
6.本格的地域ツーリズムに向けて
7.復興支援を契機にワーキングネット時代到来
8.「新しい公共」を担う組織のタイプ
──────────────────────────────────────
報告【V】「3.11」「リムデイ・11」〜札幌大学の取り組み
──────────────────────────────────────
●札幌大学(桑原真人 学長)が4月から実施している「リムデイ11」は、教職員、学
生、保護者などを巻き込んだ“ムリなく”参加できる募金プロジェクト。その発案者
である本田優子副学長に取り組みの内容や将来の構想などを伺った。
1.私学としての取り組みでの特長
2.これを体験する学生たちにとっての価値
3.無理せずに持続できる支援活動
4.協力者の広がり
5.現段階での活動とこれから
6.教職員・学生の新しい関係
7.相手の顔の見える支援を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8 ◇ ブラキストン線(第192回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『紅もゆる丘の花』……筆者の思想史的拠り所になっていた歴史家の鈴木成高氏と林
健太郎氏。両氏からそれぞれ京都と東京で教えを受けた“知らない人”から届いた1冊
の本を手に、史学の新潮流に期待する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第158回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『酒量と妄想と変容と』……東日本大震災の被災地を訪問し、被害の一つ一つを目の
当たりにするにつれ、恐怖の妄想が襲い、これまで読んできた文学作品の意味も、精
神のなかで微妙に変容していく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
 角田 貴美『北京の渋滞が意味するモノ』
──────────────────────────────────────
 佐藤 寛晃『3・11東日本震災後の留学生受入れを考える(1)』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
今号の震災復興支援活動の取材を通じた所感と次号の予告などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2011年6月号(通巻352号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「地域社会に雇用創造の事業を」というテーマで、「レポート」と「インタ
ビュー」で構成しています。以下がその目次です。
──────────────────────────────────────
特集【@レポート】第1部「『エゾシカ』で地域活性化を図る占冠村」
       〜「北海道社会的企業・起業プランコンペ」第2次採択事業への期待
──────────────────────────────────────
●人間社会の都合によって害獣扱いとなった「エゾシカ」について、自然環境と人間
の生産活動の共存に道を探るため、「起業」に向けて動き出した方々について報告す
る。
1.起業申請者はハンターの高橋さん
2.村全体で期待する事業に
3.「エゾシカ解体処理施設」を村で用意
4.この事業を推進する協力な仲間
──────────────────────────────────────
         第2部「一石二鳥の新事業に〜『エゾシカに関わって10年以上』
──────────────────────────────────────
●井田 宏行 氏(社団法人エゾシカ協会 本部 事務局長)
●農地を荒らす害獣扱いされる「エゾシカ」の問題に対し、北海道の新しい自然資源
として共生する道を切り拓こうとする、この世界の先鞭者である井田事務局長の話。
1.シカは専門家による管理が必要
2.エゾシカと人間の軋轢解消の方法
3.天然資源としてのエゾシカに着目
──────────────────────────────────────
         第3部 起業を成功させるために
──────────────────────────────────────
●北海道社会的企業・起業プランコンペ事務局が念頭に置く事業継続の必須アイテム、
事業計画を成功へと導く第一歩での強み、弱みのチェック事項を紹介する。
1.事業継続の必須アイテム
2.事業計画の強みと弱みを点検
──────────────────────────────────────
         第4部 「北海道社会的企業・起業プランコンペ」
                          採択者たちに続く
──────────────────────────────────────
●昨年から始まった「社会的企業・起業プランコンペ」の1次採択者12事業、第2次採
択者38名、計50の事業と、これらの事業を推進する事務局を中心に据える「北海道地
域再生推進コンソーシアム」を紹介する。
1.「社会的企業」って
2.起業家集団の誕生
──────────────────────────────────────
特集【Aインタビュー】1「起業した高橋代表のアドヴァイス
──────────────────────────────────────
●高橋 祐 氏(Visit Otaru Project 代表)
●昨秋「北海道地域社会雇用創造事業」の1次採択者となり、その起業支援金を活用
して、小樽の若者の就労支援を行う団体「Visit Otaru Project」を4月に立ち上げた。
団体が手がける事業の始動の様子と今後の展開を語っていただいた。
1.起業のへの足取りは着実です
2.雇用の場を確保しつつ
3.若い仲間を誘う
4.起業してよかったこと
──────────────────────────────────────
           2「『ママ ズ ケア それいゆ』(中標津)の
                   「松實とよ実」さんに9つの質問
──────────────────────────────────────
●松實とよ実 氏(ママ ズ ケア それいゆ 主宰者)
●北海道社会的企業・起業プランコンペ第2次採択者に選ばれた松實とよ実さん。地域
の困りごとを拾い上げ、民間力をプラスして住みよい生活空間創りを手がける。起業
の経緯と事業の展望についてのインタビュー。
1.事業を釧路の「まじくる」で知る
2.出産・子育て不安の軽減
3.地域で支えあう歴史はパイロットファーム以来
4.親子サロンの積み重ね
5.事業を続けるために起業
6.私たちにもできる
7.起業仲間を増やす
8.意見交流を惜しまない
9.水も空気もいい中標津での生活
──────────────────────────────────────
            3「『500円玉大ブルーベリー』で幸せな農業を」
                 “さっぽろベリープロジェクト”小池美絵さん
──────────────────────────────────────
●小池 美絵 氏(Nail Cafe enak chantik(エナ チャンティ)代表)
●札幌でネイルサロンを経営する28歳の若き起業家が、北海道社会的企業・起業プラ
ンコンペの2次採択で起用された。障害者の通所事業所におけるブルーベリの栽培と
フェアトレードを目指す事業の契機と計画をご紹介いただいた。
1.農業分野で起業コンペ応募
2.スタッフ募集やトラック運転も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第191回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『知識人の自立と強調』……政治家や経営者は、実務社会のモノゴトのシクミをよく
知り、対する知識人は理念やイメージを取り扱う。人間が真の行動人、21世紀の社会
的指導者になるために身に着けるべき術とは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第157回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『ワシントンの桜の木に誓う』……まるで昔から「疑問」を抱いていたかのように、
「原発」に疑問を投げかける新聞・テレビの報道。「想定外」のリスクについて無言
のままのメディアは、アイマイなのかウソつきか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からの『しゃりばり』に対するご意見や次号の予告などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  

2011年5月号(通巻351号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「中国の熱風と北海道」というテーマで、「インタビュー」2編と「現場報
告」1編の計3編で構成しています。以下がその目次です。
──────────────────────────────────────
特集【@インタビューT】『中国の成長ぶりとこれからの日本の関係
           〜第2版『中国を知る』(日経文庫)著者・遊川和郎氏に聞く。
──────────────────────────────────────
●初版から4年後の発行となった第2版のキャッチコピーは「仕事に役立つ隣国の本音
と素顔」。版を新たにした筆者に中国をめぐる仕事と本年の関係を、上海から帰国し
直後にお話いただいた。
1.日本を追い抜く中国
2.中国の労働市場
3.産業構造と大卒の就職難
4.文化大革命の余波と世代格差
5.中国とジャスミン革命
6.独裁政権のどこが違うのか
7.隣国の考え方、行動様式を知ること
──────────────────────────────────────
  【AインタビューU】「『無縁社会』で若者に寄り添う、ということ」
──────────────────────────────────────
●石川 めぐみ 氏((株)北海道藍天旅遊社 代表)
●好きな中国の方々に北海道の良さを知ってもらう旅行を提供したい!という郷土愛
の混じった会社「株式会社藍天旅遊社」を1年前に起業した石川代表へのインタビュー。
1.会社設立から1年少々
2.中国の変化は一気呵成
3.政治に左右されない層の観光客
4.北海道の自然と接遇が喜ばれる
5.これからの北海道観光の目指す方向
6.体験的、中国との付き合い方
──────────────────────────────────────
  【B現場報告】「北京事務所で1年、分かってきたことの数々」
                        〜札幌事務所長が語る
──────────────────────────────────────
●角田 貴美(すみた・きよし)氏(札幌市北京事務所 所長)
●札幌市で国際関係に長く関わり、外務省にも5年間の出向経験を持つ角田氏。昨年
から北京に赴任し、この1年で味わった現地の空気や格差の実際と、今後の対中国を
含めて国際化の道のりの厳しさを語る。
1.北京への淡い期待は霧散
2.北京に拠点を置く優位性
3.北海道ブランドは無名と覚悟
4.統計には出ない都市内格差
5.内陸部の外資対応は初歩段階
6.「和」より「利」の経済大国と外交手腕
7.札幌が向き合うための心得
8.能動態の国際化へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第190回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
「『日本人よ、元気を出そうよ』」……地震、津波、原発事故という三重苦の災害に
自らが体験した東京大空襲の記憶を重ねながら、日本人が混乱と盛衰の歴史の中を生
き抜いてきた先例に、日本文明の底力を見いだす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第156回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『何もできはしないけれど』……筆者は50年ほど前に岩手県で新聞記者をはじめ、東
北の寡黙さとやさしさに触れてきた。東北弁のもつ恥じらいのこころの奥ゆかしさを
縄文の時代へ思いを馳せる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
 水間 石渓『愛しの北海道!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からの『しゃりばり』に対するご意見、ご感想などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



2011年4月号(通巻350号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「張りなおし『セーフティネット』〜福祉から就労へ〜」というテーマで
「レポート」「インタビュー」「試論」の3編を掲載します。以下がその目次です。
──────────────────────────────────────
特集【@レポート】『パーソナルサポート・サービス』
             〜新時代対応のセーフティネット <編集部>
──────────────────────────────────────
●社会参加に向けた就労支援こそが生活防衛につながると考える「パーソナル・サポ
ート・サービス(PS)」という、「トランポリン型のセーフティネット」の張り直
しが日本でも始まった。この政策が求められる背景やその仕組みと期待される役割に
ついての報告。
1.はじめに
2.国の問題として解決に向かう時代
3.日本だけではない、雇用環境の悪化
4.日本の取り組みについて
5.「PS」の立ち位置について
6.「『人間らしくやりたいナ』」
7.「包括支援は高度なディフェンス機能」
──────────────────────────────────────
  【Aインタビュー】「『無縁社会』で若者に寄り添う、ということ」
──────────────────────────────────────
●穴澤 義晴 氏(札幌市若者支援総合センター館長)
●2010年4月、若者の社会的自立を目的に設立された「札幌市若者支援総合センター」。
そこで館長を務め、市内の「若者活動センター」5館を統括する穴澤氏に、「就職難」
や「無縁社会」を抱える社会で生きる若者の実態と求められる支援の方法を伺った。
1.15歳〜40歳未満の若者を支援する組織
2.個々人を支えるためには制度の有効活用を。
3.学校から社会に出る間の躓き
4.自己肯定感の回復
──────────────────────────────────────
  【B試 論】「2011年、逆転する働く場」
           〜求められるものは、教育会のパラダイムシフト
──────────────────────────────────────
●江口 彰 氏
●「学生を鍛える北海道塾」の塾長であり、映画プロデューサー、まちづくりのコー
ディネーター、大学の非常勤講師など多くの肩書きを持つ江口氏。その専門は学生の
課外活動によるキャリア形成学習の研究と実践である。学生と深く関わる立場から、
これからの社会変化を見据えた若者問題へ提言をいただいた。
1.若者の働く場は劇的に変化している
2.学ぶべきことは何か
3.社会的構造の課題
4.教育システムの構造的課題
5.解決への題材探し
6.受験科目以外の考察
7.課外活動を検証
8.若者問題解決への初動
9.学生団体の目的とプロセス
10.ナナメの関係のコミュニケーション
11.教育界のコミュニケーション能力
12.最後に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第189回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
「『日本開化小史』発見」……明治に「日本開化小史」を著した田口卯吉は、20歳
代にして日本の文明史を体系的にまとめあげた。経済成長を果たして成熟と崩壊が
混在する日本社会において、この天才の功績から発見できる視点とは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第155回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『あまたの雲を上に出し』……銭湯のペンキ絵、太宰治の「富嶽百景」、北斎の「富
嶽三十六景」、万葉集の名歌…。文部省唱歌の「ふじの山」を口ずさみながら、日本
 の人々のさまざまな心境とともにある富士の存在を語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からの『しゃりばり』に対するご意見、ご感想などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


2011年3月号(通巻349号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は『「イノベーション成分」希薄な地域で。』というテーマで「インタビュー」
「インタビュー&レポート」の2編を掲載します。以下に目次を紹介いたします。
──────────────────────────────────────
特集【@インタビュー】『例外!大学発ベンチャー企業が生きていた!』
            軽労化≠ナ超高齢化を支える株式会社スマートサポート
──────────────────────────────────────
●鈴木 善人 氏(株式会社スマートサポート代表取締役)
●大学発ベンチャー企業の廃業が全国で散見する中、設立6年にして更なる飛躍を遂
げようとする、株式会社スマートサポート。ロボット開発の研究者と農業コンサルを
手掛ける起業家が手を組んだ『軽労化』イノベーションの展望を語っていただいた。
1.開発のきっかけはメロン農家
2.クリエイター組織「株式会社スマートサポート」
3.ものづくりを阻む文化創造都市
4.「軽労化技術」が7億円の大プロジェクトに採択!
5.高齢化から軽労化へのライフ・イノベーション
──────────────────────────────────────
  【Aインタビュー&レポート】『街の事業者が挑む「イノベーション」』
──────────────────────────────────────
●徳永 善也 氏(株式会社千野米穀店 代表取締役)
●札幌で米穀店の3代目を務める徳永氏。10年にわたって歩んできた街のお米屋さ
んのイノベーションが、昨年、台湾進出という大きな一歩を踏んだ。その自己変革の
歴史と現在に併せて、独自の商品開発を行うノーステック財団の宮川氏からの報告。
1.昨年(2010年)の台湾進出
2.国内も国外も
3.新しいものへの挑戦
4.人口構成の激変ぶり
5.少数でも望まれる商品の提供
6.今一度、海外の話
7.30年間の商品開発は、イノベーションの連続
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第188回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『日本のシンクタンク』……合法の名の下に、部下を罰してトップが責任をとら
ない例が立て続いている。現代社会において、法と道徳は高次の道義性・倫理性で統
一されなければなない。日本社会の制度と実情のズレを鋭く指摘する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第154回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『志ん朝落語で言葉革命を』……政治家たちの日本語の貧しさにウンザリする昨今。
古今亭志ん朝の明晰な美しい日本語で、政治家とマスコミの言語改革を求める。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
『タクシー乗車をスケッチする』/かどた 清(北京在住)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からの『しゃりばり』に対するご意見、ご感想などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



2011年2月号(通巻348号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は『地方議会不要論≠烽る時代。』というテーマで「インタビュー」と「
レポート」の2編を掲載します。以下に目次を紹介させていただきます。
──────────────────────────────────────
特集【@インタビュー】「『地方議会』は変われるか!」
──────────────────────────────────────
●木寺 元(北海学園大学法学部)准教授
●「議会不要論」も出始める中で、地域生活と密着しようとする奮闘する地方議会な
どを中心に新鋭の政治学研究者の木寺准教授に話していただく。前号では経済の視点
で将来への覚悟の必要性を取り上げたが、今号では政治の視点から取り上げる。
1.議会との対立から生まれる地域政党
2.カリスマ首長が生まれやすくなった背景
3.カリスマ首長のジレンマ
4.地方分権の流れと地域政党
5.「地方議会」が民意を反映できる仕組み
6.「議会不要論」に立ち向かう地域
7.翻って北海道議会は?
8.北海道議会の「答弁調整」
9.政令市の道議定数の問題
10.地方財政との関係
11.建設的な方向性と維持
──────────────────────────────────────
  【Aレポート】『問われる地方議会〜現状と希望』
──────────────────────────────────────
●渡辺 三省(かずみ)氏(元・札幌市議会事務局勤務/現・札幌消費者センター長)
●「地方議会」に対する不信・不満が、議会へのリコール運動や首長リコール運動に
なったりと、地方議会をめぐる動きが目立つ。どのような背景をもってもたらされて
いるのか、札幌市議会事務局に10年勤めた経験者である渡辺氏に寄稿いただいた。
1.はじめに〜地方議会と首長の関係について〜
2.名古屋市議会のリコールについて
3.なぜ、地方議会が住民に見えにくいのか
4.道内の先進的な議会の取り組みについて
5.議会改革の本質とは
6.議会・議員と住民、長との関係について
7.住民のための議会運営とは?
8.終わりに〜今後の方向性について〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第187回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『法と政治、役人と政治家』……合法の名の下に、部下を罰してトップが責任をとら
ない例が立て続いている。現代社会において、法と道徳は高次の道義性・倫理性で統
一されなければなない。日本社会の制度と実情のズレを鋭く指摘する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第153回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『鯖はロンドンにかぎる!』……ロンドン土産の鯖の燻製に舌鼓を打ちながら、イラ
ク戦争におけるイギリスの外交政策の検証の有りかたと、日本のそれを振り返る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からの『しゃりばり』に対するご意見、ご感想などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


2011年1月号(通巻347号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「経済活動の新しいフレーム創り。」というテーマで「インタビュー」
2編を掲載します。以下に目次を紹介させていただきます。
──────────────────────────────────────
特集【@インタビュー】『経済を動かす基軸変化と北海道の位置』
──────────────────────────────────────
●内田 和男 学長(北海道武蔵女子短期大学)
●現代における地域経済の動向は、日本全体のことだけでなく、世界の動きとも連動
していることを察知しなければならない。その視点から、本誌に5年振りのご登場と
なる内田和男学長より、マクロ的な立場で語っていただいた。
1.100年単位で地域を考える〜政治の不安定性と経済の低迷は表裏一体
2.キャッチアップは得意でも自分で目標を創出できない国
3.3度目の国の資産価値マイナス
4.国内需要という経済の「成長エンジン」消失
5.日本の人口構成と推移
6.ワーク・ライフ・バランス
7.新しい生活の豊かさと仕事の仕方
8.レアメタルからレアアースの流れ
9.北海道は十勝の農業に学ぶ
10.これから北海道がすべきこと
──────────────────────────────────────
  【A荒川研 氏に7つの質問】『「根室のサンマ、ベトナムに輸出」のわけ』
──────────────────────────────────────
●荒川 研 氏(独立行政法人 北方領土問題対策協会・専務理事)
●2010年秋、根室のサンマがベトナムへ輸出されることになった。どのようにして、
地方都市が独自に国際ビジネスの展開を実現できたのか、また今後の発展のためにど
のような準備をするべきか。道東とベトナムを繋いだ荒川氏にお聞きした。
1.「根室のサンマが海を渡る」理由。
2.サンマ輸出は一つの始まり
3.サンマの話題がベトナムと結びついた
4.ビジネスの構想の組み立て
5.北海道が外国とビジネスをする環境整備
6.地元にある資源を見直す
7.荒川流の仕事への取り組み方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第186回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『おかしな国々』……共産主義という大義を失った中国とロシアのアナクロニズムな
動き、北朝鮮の韓国砲撃。異常事態を呈する日本周辺の東アジア一帯を、日本はいか
に冷静に分析できるか。歴史の中にある「日本人の誇り」を見つめなおす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第152回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『めでたさも中ぐらいなり』……実用性の無さを揶揄される日本の英語教育と、安易
な英語への置き換えで日本語の豊かな語彙が半減していく不安を語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方の前号の『しゃりばり』に対するご意見、ご感想などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


2010年12月号(通巻346号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「『職』に就く、『職』を作る。」というテーマで「インタビュー」2編と
「現場報告」1編を掲載します。以下に目次を紹介させていただきます。
──────────────────────────────────────
特集1【インタビューT】『ふるさとの産業を知れば「職」が見える』
──────────────────────────────────────
●田中 富重 氏(社団法人北海道食品産業協議会専務理事)
●就職難の時代、北海道は日本の食料基地と言われながら、その一次産業で我々は食
べていけるのだろうか。北海道の食品産業を代表する田中氏に、食品製造業を取り巻
く雇用の現状を語っていただきました。
1.したたかに生きる北海道の超零細企業
2.雇用のゆがみ−人手不足の地方製造業と都会の就職難
3.働き手の輸入で匠の技が流出する
4.教育の機会から雇用機会へ
5.人づくりが地域をつくる
──────────────────────────────────────
   【インタビューU】『「職」について言いたいこと
               ベテランの能力開発アドバイザーから』
──────────────────────────────────────
●橋本 康史 氏
●長年、職業訓練指導員や職業相談員を勤め、定年退職後の現在も公的機関や高校、
大学などで「職」について教える橋本康史氏。今日の雇用状況や職業に就く前になす
べきことなどを説いていただいた。
1.産業構造の変化と労働力移動
2.職に就こうとする前にしてほしいコト
3.世の中にある2万8千353種の職と人の一生
4.職に就くということ
5.「履歴書」という武器
6.期待されている能力とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特集2【現場報告】『小樽で雇用創出の仕組み作り
                    〜一兵卒として故郷にUターン』
──────────────────────────────────────
●高橋 祐 氏
●47歳にして北海道にUターンし、故郷の小樽で雇用を生む地域蘇生事業に取り組み
始めた氏の活動を紹介します。

1.小樽「旧寿原邸」
2.故郷にUターンするまで
3.準備進む「Visit Otaru」
4.一兵卒として覚悟
5.北海道の情報環境と雇用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第185回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『民衆と貴族』……現代の日本社会は、大衆民主主義のポピュリズムと象徴天皇制と
しての貴族主義が併存する。また、共同体としてのクニのカタチは官僚と民間人から
成り立っている。歴史の根幹から日本の社会の安定性を考察する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第151回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『鯖の文化干しとショパン』……都はるみの、あの名曲とメロディーが重なるショパ
ンのピアノの調べを聴きながら、日本のわびしい文化政策を憂う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
『“続”わが身の「日本」を「北京」で振り返る。』/かどた 清(北京在住)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からの『しゃりばり』に対するご意見、ご感想などを紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 



2010年11月号(通巻345号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「生きる商店街と地域住民。」というテーマで「インタビュー」「現場報告」
の2編を掲載します。以下に目次を紹介させていただきます。
──────────────────────────────────────
特集1【インタビューT】『最北の市で「商店街」を活性化する!』
──────────────────────────────────────
●尾ア 篤志 氏(ペットショップ経営)
●稚内市
●日本最北の稚内市で、家族経営のペットショップを引き継ぐことになった37歳の
青年。仲間たちと取り組んできた商店街を元気にするイベントの数々や、それを実行
するまでの企画・結束・行動のプロセスを語っていただきました。
1.稚内の町の商店街状況
2.活動の実績とこれからのこと
3.元気なマチにするために
4.「まちなか」再生を手がけてきている人の助言
──────────────────────────────────────
   【インタビューU】『狸小路(札幌)の魅力発掘は
                   コミュニケーションから始まる。』
──────────────────────────────────────
●近藤 公彦 教授(小樽商科大学ビジネススクール・アントレナーシップ専攻)
●札幌市
●札幌の老舗商店街「狸小路」で、大学の研究室のゼミ生と一緒に商店街活性化プロ
グラム事業を展開中の近藤教授。サビレていく商店街に挑む、若者のエネルギッシュ
な発想とその事業、さらには将来への展望について解説していただきました。
1.商店街のサビレ・スパイラル
2.近藤ゼミと札幌の「狸小路」商店街と「i-vacs」(アイバックス)
3.進化するマーケティングの手法
4.埋もれている地域資源を発掘する愉しさ
5.商いの原点とイチローの凄さと
6.明治維新時の京都の危機感

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特集2【現場報告T】『北海道で一番小さな村の商店は10数軒。
            〜「スモール・イズ・ビューティフル」の気づき』
──────────────────────────────────────
●音威子府村
●北海道の北にあって、人口規模ではもっとも小さな村に住む人たちの日々の生活。
「スモール・イズ・ビューティフル」の先進事例を紹介します。

1.ユニークな高校を育ててきた村
2.縮む人口数ながらも
3.小さな村の生活を支える商店群
4.村の風景が教える個人商店の良さ
5.身の丈にあった店の魅力
6.村のこれからの暮らし方
──────────────────────────────────────
特集2【現場報告U】『社会的包摂の街、釧路 〜買い物難民を支える』
──────────────────────────────────────
●釧路市
●道東の政治経済の中心地である釧路で、地元の食品スーパーを失った住民が「買い
物難民」と化した白樺台地区。7ヵ月後にスーパーを復活させた自助と共助のプロセ
スを追いました。
 1.郊外化がもたらした空洞化の病巣
2.スーパーの消滅で「買い物難民」と化した白樺台地区
3.ローカルレベルでの団結と相互支援
4.住民運動の結実、白樺台地区にスーパー復活
5.小学校跡地に浮上する大規模ショッピングセンター建設計画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第184回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『中国のナショナリズム』……尖閣列島での中国漁船船長の逮捕で火がついた排日ナ
ショナリズム。問題を長期化させる日本人の精神と、中国が抱える根源的難問を指摘
する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第150回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『空イバリ大将に鍋贈る』……北方領土をめぐる日ソ交渉、尖閣諸島をめぐる日中交
渉、等々…、頭から湯気を立てて憤激する人々のコッケイなカライバリを嗤う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 投稿 ◇
──────────────────────────────────────
 『わが身の「日本」を「北京」で振り返る。』/かどた 清(北京在住)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方からいただいた『しゃりばり』に対する、ご感想やご意見と、毎月1回主催
させていただいている異業種交流会の「しゃりばり塾」について紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



2010年10月号(通巻344号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「北欧に学ぶ、雇用と生活。」というテーマで「インタビュー」「現場報告」
の2編を掲載します。以下に目次を紹介させていただきます。
──────────────────────────────────────
特集1【インタビュー】『社会保障と労働市場と雇用対策』
──────────────────────────────────────
●宮本 太郎(北海道大学法学部教授)
●「年越し派遣村」に象徴された日本の根深い雇用問題。産業構造との関連、国の
労働行政、生活保障の仕組みなど、絡み合った制度の劣化をどう回復させることが
できるのか、北欧諸国の事情に明るい宮本教授に語っていただきました。
1.雇用をめぐる構造的な環境変化
2.現役世代へのセイフティネットの張り直し
3.グリーン・ニューディールが唱えられる背景
4.ジョブレス・リカバリーと指導者
5.「グリーン・イノベーション」と「ライフイノベーション」
6.「家計の貧困」と「子どもの貧困」を切り離せ
7.社会保障と雇用の関係は一体のもの
8.雇用環境の回復の道を探せば8.雇用環境の回復の道を探せば
9.「改革」を実のあるものに

──────────────────────────────────────
特集2【現場報告】『北欧(デンマーク)を手本に事業展開〜
          「札幌協働福祉会」本部にて』
──────────────────────────────────────
●札幌協働福祉会
●北欧の福祉を語る人は少なくありませんが、実際の事業に北欧発のノーマライゼー
ションを取り入れた事業を長く続けるところは、どれくらいあるでしょう。北海道初
「市民オンブズマン導入」も取り入れ、事業規模8億円という福祉事業の今を報告しま
す。内容は以下の7項目です。
1.北欧の福祉に着目
2.「分かち合い」が事業の底流に
3.障害者とともに歩む
4.モデルはデンマークの障がい者施設
5.本人の自己決定が最優先される
6.需用に応える新しい事業開始
7.北海道初の市民福祉オンブズマン導入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第183回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『無思想人宣言』……家族、社会、雇用、働きがい…。人間の生涯をどう考えていく
べきか、大宅壮一の“無思想”と氏の足跡から、現代思想家の出現への期待を語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 人物&事業訪問記@ ◇
──────────────────────────────────────
 『社会起業家の第一歩を〜23歳の菊地勇希氏が語る』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第149回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『政治新聞共演の悲喜劇』……民主党のゴタゴタを「ハムレット」に重ねながら、そ
れを追いかける現代の政治ジャーナリズムを、皮肉に、辛口に語る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 水滴 ◇
──────────────────────────────────────
読者の方々から、紙媒体に戻った9月号『しゃりばり』に対する、温かい励ましの言
葉と誌面へのご要望をいただきました。そのうちの幾つかをご紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2010年9月号(通巻343号)
 
◆ 目次 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 特集 ◇ 
──────────────────────────────────────
●特集は「『活字の底力』、再発見。」というテーマで「座談会」「インタビュー」
の2編を掲載します。電子媒体での経験を活かしつつ、3年ぶりの活字媒体に只今、
制作中です。目次を紹介させていただきます。
──────────────────────────────────────
特集1【座談会】『文字の力は、時代を超えて語りかける』
──────────────────────────────────────
●粕谷一希(評論家)×轡田隆史(文筆家)×原田明夫(東京女子大学理事長)×
金成洋治(NPO役員)
●小誌でもおなじみの粕谷・轡田の両氏、3度目の登場の原田氏、初登場の金成氏が
「文字」「活字」の世界を縦横に語り合います。
内容は以下の8項目です。
1.「活字」は情報の選択的構成
2.インターネット情報の根源にある活字文化
3.世論形成とデモクラシーの関係
4.テレビメディアと物書きの相性
5.活字の強みは逆説的思考と発想転換
6.歴史(奈良時代)が現代に問いかける
7.言論メディアの分水嶺
8.国のリーダーを支える仕組み
──────────────────────────────────────
特集2【インタビュー】『多様なメディアの中を生き抜く』
──────────────────────────────────────
●吉田 徹(北海道大学大学院法学研究科准教授)
●インターネットの登場によってメディアの環境は大きく進化し、発展もしました。
その社会装置がもたらしている変化の中で情報の発信者、受信者が生き抜く術を海外
の様子とも比較しながら、渡仏直前にもかかわらず語ってもらいました。内容は以下
の6項目です。
1.偏見と個性がつくる雑誌の面白さ
2.海外メディアから見える日本メディアの特殊性
3.未成熟な日本のメディア・ジャーナリズム
4.インターネットがもたらすメディアの再分配
5.メディアの多元化とメディアリテラシー
6.紙の「しゃりばり」の可能性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ブラキストン線(第182回)/粕谷一希 ◇
──────────────────────────────────────
『脈絡』……かつては社会問題や社会思想との関連で語られていた経済学が「社会を
破壊」するようになり、その克服のために若い世代の学徒への期待を語る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 「しゃりばり」電子媒体総目次(307〜342号) ◇
──────────────────────────────────────
3年間の配信してきた36号分の目次を横組み2段、5頁にまとめる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ぶらりしゃらり(第148回)/轡田隆史 ◇
──────────────────────────────────────
『自然と和紙とレンブラント』……イギリス生まれの水彩画用の紙「ワットマン」の
製造中止のニュースから、和紙が長崎経由オランダ行きの歴史を持つことなどを紹介
する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 地方出版/編集後記 ◇
──────────────────────────────────────
「地方発の書籍」を紹介する頁は、『オサクばあちゃんのひとりごと』という介護系
の実話絵本を取り上げる。編集後記は、座談会のことなど。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
掲載内容の無断転載を禁じます。
当サイトへのリンクは自由に設定して結構ですが、メールにてご連絡願います。

内容が更新されない方はブラウザの「更新」ボタンを押してみてください。
スタイルシートを使用しているページがあります。IE3.xを使用している方はスタイルシートOFFでご覧ください。

(C)Hokkaido Intellect Tank

You are visiter# since Nov. 20, 1998

 北海道が抱える問題に鋭く切り込む雑誌「しゃりばり」
  

Hokkaido
Intellect
Tank