しゃりばり

北海道が抱える問題に鋭く切り込む雑誌

一般社団法人 北海道総合研究調査会(略称:HIT)

No.435

2021.11

<最新号>

特集

地方都市から見た将来の日ロ交流の在り方

第1章 プロローグ

日ロの地域間交流の現状

一般社団法人北海道総合研究調査会 情報企画部

第2章 地方発ロシアビジネスの現場から

1.新潟編 地域に頼られる商社を目指して

株式会社JSN 代表取締役/愛宕商事株式会社 貿易事業部長 M野 剛 氏

2.北海道編 「おろしや国酔夢譚」のような日ロ協力を目指して

株式会社G.I.プラン 代表取締役 ジュラフスキー・グレーブ・ビクトロビチ 氏

第3章 日ロ交流拠点としての地方都市の役割

――1965年から極東交流を続ける新潟県から

公益財団法人環日本海経済研究所 部長兼主任研究員 新井 洋史 氏

第4章 今後の地域交流の在り方を考える

一般社団法人北海道総合研究調査会 情報企画部


研究員レポート_1

障害者相談支援における相談支援体制の現状と課題 〜令和2年度障害者総合福祉推進事業の調査結果から読み取れるもの〜

研究員レポート_2

北海道の地方病院における働き方改革の現状と課題

連載

ぶらりしゃらり 轡田 隆史 第239回

すべてはわが同志

No.434

2021.9

特集

北海道医療勤務環境改善支援センター4年目の取組みに向けて

レポート1

北海道医療勤務環境改善支援センター3年間の取組み

HIT常務理事・医療介護研究部長 星野克紀

レポート2

「総合的な支援」のスキームと「特別支援事業」

北海道医療勤務環境改善支援センター 事務局

レポート3

医師の働き方改革に取組む勤改センター、4年目の課題

北海道医療勤務環境改善支援センター 事務局


研究員レポート_1

地域の相談支援における基幹相談支援センターの役割

研究員レポート_2

日常生活自立支援事業の概況と課題

連載

ぶらりしゃらり 轡田 隆史 第238回

アリの夢

No.433

2021.7

特集

ウィズコロナ時代の北海道の航空・空港戦略を考察するU

レポート

はじめに〜コロナの影響と需要回復の行方〜

HIT調査部長 切通 堅太郎

インタビュー1

航空政策有識者に聞く パート1

航空アナリスト 杉浦 一機 氏

インタビュー2

航空政策有識者に聞く パート2

東京工業大学 花岡 伸也 教授

鼎談 コロナ禍と地方空港の行方

野村 宗訓 氏・西藤 真一 氏・切通 堅太郎


研究員レポート_1

ロシア極東産大豆への期待と課題

研究員レポート_2

道内の在宅医療の取組状況について

連載

ぶらりしゃらり 轡田 隆史 第237回

いまこそ祈りのとき

No.432

2021.5

特集

アフターコロナ時代の国際人材育成

〜「学び合う場づくり」を目指す

第一章 日本での研修に対する期待

第二章 インタビュー

日本企業が国際人材育成に参加する意義

株式会社ケーズマーケティング 代表取締役 吉川 京二 氏

第三章 「学び合う場づくり」に向けて


医療介護研究部レポート

ICT活用による健康づくりと見守りの可能性

調査部レポート

副業・兼業の政策の動向と地方における都市部人材の活用

連載

ぶらりしゃらり 轡田 隆史 第236回

想像・妄想力の楽し

No.431

2021.3

特集

「在宅医療の実際と基礎知識」 〜北海道における在宅医療の推進に向けて〜

講義1 在宅医療制度の基礎知識

医療法人北海道家庭医療学センター 理事長 草場 鉄周 氏

講義2 在宅医療の実際〜都市部での在宅医療マネジメント〜

医療法人財団老蘇会静明館診療所 理事 大友  宣 氏

講義3 在宅医療の実際〜地方部で在宅医療マネジメント〜

更別村国民健康保険診療所 所長 山田 康介 氏

調査部レポート

過疎地・僻地における企業の労働力拡充

〜人材調達スキームと活用策

情報企画部レポート

高付加価値化に関する中央の戦略と地方の現実(林業を事例に)

連載

ぶらりしゃらり 轡田 隆史 第235回

響きあうこころ

No.430

2021.1

特集

地域における新たな雇用の在り方 〜社会的企業の10年に学ぶ〜

<レポート>

「復興支援型地域社会雇用創造事業」を振り返る

一般社団法人北海道総合研究調査会 理事長 五十嵐 智嘉子

<インタビュー1>

次世代の活躍人口を地域が育む

一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校 代表理事 伊藤 聡 氏(岩手県釜石市)

<インタビュー2>

農業で心も体も元気になる“場づくり”を目指す

株式会社阿部農縁 代表取締役社長 寺山 佐智子 氏(福島県須賀川市)

<インタビュー3>

女川の経験を日本や世界の課題解決に活かす

特定非営利活動法人アスヘノキボウ 代表理事 小松 洋介 氏(宮城県牡鹿郡女川町)

<座談会>

次世代がローカルで活躍するために

  ウィズコロナ時代へのヒント

[参加者]

◇一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校

 代表理事 伊藤  聡 氏(岩手県釜石市)

◇株式会社チャレンジドジャパン

 取締役 事業本部長 澤田 駿介 氏(宮城県仙台市)

[司会]HIT 調査部長 切通 堅太郎


調査部レポート

航空貨物とビジネス需要の開拓で独自性発揮

〜小松空港から道内空港への示唆

連載

ぶらりしゃらり 轡田 隆史 第234回

一茶がんばる

一般社団法人 北海道総合研究調査会(略称:HIT)
札幌市中央区北4条西6丁目1番1 毎日札幌会館
TEL 011-222-3669 FAX 011-222-4105

© 2007-2017 HIT. All rights reserved.