◆ トップページへ ◆

最新07年06年05年04年03年02年01年00年1999年

(写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。)



 
12月
(No.214)



 
大泉幸代

Tension-飛躍




特集 新しい学校システムが胎動する〜「旧教育」からの脱皮
 
◆やがて哀しき学校システム
 〜子どもが拒否する旧教育を超えるための提案
 永山彦三郎(作家)

 教員生活17年の作家が子どもの実態を十分に観察し、自らの体験、思索を展開した新著「学校解体新書」は今年の収穫本の一冊。今の学校を取り巻く状況を突破する考察は、同書刊行後、一層鮮明になってきた。観客席からの評論ではない、学校というグランドで現役のプレーヤーとして子どもとかかわる永山氏の提言。
 
◆「学習って?」変わろうとする中学校の試み
 北海道教育大学附属札幌中学校(文責・小路徹 教諭)
 生徒たちが教科の枠を超えて生きるための力をつけるように新たな教育内容の編成が始まっている。全国的にも注目されている北海道教育大学札幌付属中学校の動きを生徒(3年生)の考えなどを入れて報告する。
 
◆今どきの中学2年生はこんなことを思い、考えている 
 編集部

 
◆求められる「これからの学校像」
 渡辺知樹(札幌市公立小学校教員)

 教育の現場に起きていることをベテラン教諭が報告する。昔の子ども、昔の学校、昔の地域、昔の父母と今の子ども、学校、地域、父母を比較しながら、これからの教育の方向性を探る。


写99北海道vol.21  
石井一弘(朝日新聞社報道部)  
写真の町
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
出版界の再編成
 
介護保険の行方を占う KEY WORDS 5  
五十嵐智嘉子(HIT調査部長)
評価システム
 
クチコミリレー食街道REPORT 9
北のスープの味はいかに……
 
ロシアウクライナ政治の底流を読む6  
松里公孝(北海道大学スラブ研究センター助教授)
エリツィン政治体制の成立4
 
ロシア極東情報  
HIT情報企画部
1999年夏、ロシア極東の軍事情勢
 
詳解!ロシアのアネクドート7  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
チュクチ人にまつわるアネクドート<その1>
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口31  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
創意工夫が北海道経済発展のカギ!?
 
山夢春秋29  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
4年後へ(To after 4 years)
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
陽だまりの詩・番外編  人類がたどりついた“先端技術”3  
綱渕輝幸(綱渕コンサルタント事務所代表) 
「鉄粉が浄化する毒物」のお話
 
北の・みらい人3  
久保元宏(株式会社久保商店常務取締役)
仏像を彫る理由 小林武氏
 
-------------------------
 
「しゃりばり」バックナンバー目次(99年1月〜12月)
 
月刊葉書“今、志民は……”
 
掲示板
 
さんぽのRight&Left7  
小林三歩(コラムニスト)  
大事なもの
 
ぶらりしゃらり19  
轡田隆史(エッセイスト)  
銀の滴降る降るまわりに
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。15  
高橋 f(写真家)  
何を教えるのかね?
 

 
11月
(No.213)



 
大泉幸代

Tension-冬待月




特集 公会計制度と地方自治体の行方
 
 国の財政危機とともに地方自治体の財政事情も厳しさが増し、従来の公会計制度への不安が高まってきている。そうした共通理解が進み、財政活動に企業会計的な手法を取り入れることが流行の兆しを呈している。しかし、適切な改革でなければその効果は半減することも予測される。
 そこで、全国の地方自治体の財政問題に明るい宮脇淳氏(北大法学部教授)と北海道の包括外部監査任として実務をされている田中新一氏(後任会計士)に公会計の実情とこれからのあるべき仕組みについて語ってもらった。また、全国的に地域経営でも注目度の高いニセコ町から住民向け予算説明書について報告してもらった。
 
◆公会計制度の改革は地方自治体を救うのか
 北海道大学法学部教授 宮脇 淳氏に聞く
 
◆地方自治体の財政を民間の立場から監査する
 〜外部監査制度の導入で見える公会計制度の現状
 北海道包括外部監査任 田中新一氏に聞く
 
◆パートナーシップを築く予算説明書
 「もっと知りたいことしの仕事」
 山本契太(ニセコ町役場町民総合窓口課広報広聴係長)


写99北海道vol.20  
風間健介(写真家)  
冬物語
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
セイフティネット
 
「開拓使時代の」の人びと6  
西村英樹(編集者・フリーライター・プランナー)
対ロシア南下政策〜開拓使誕生前史
 
-------------------------
 
北海道大学スラブ研究センター公開講座3
北方ユーラシアの開発と環境

 
(平成11年5月10日〜31日にかけて北海道大学スラブ研究センターにて開講された講義を収録したものです。)
 
◆21世紀の北極海航路
 北川弘光(北海道大学大学院工学研究科客員教授)
 
◆日ロの渡り鳥とその保護
 藤巻裕蔵(帯広畜産大学畜産学部教授)
 
◆北の海の哺乳類と共存するために
 和田一雄(野生生物保護学会会長)
 
-------------------------
 
詳解!ロシアのアネクドート6  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
アルコールにまつわるテーマ
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口30  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
借金が雪だるま式に膨れあがる前に……
 
Q&A介護保険と私たち8  
星野克紀(HIT調査部次長)
要介護認定のための認定調査・審査判定始まる
 
山夢春秋28  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
砂人
 
クチコミリレー食街道REPORT 8  
北の海の幸は……
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
陽だまりの詩・番外編  人類がたどりついた“先端技術”2  
綱渕輝幸(綱渕コンサルタント事務所代表) 
新しい「液体混合技術」のお話
 
北の・みらい人2  
久保元宏(株式会社久保商店常務取締役)
ハコモノに魂を 漢幸雄氏
 
-------------------------
 
月刊葉書“今、志民は……”
 
掲示板
 
さんぽのRight&Left6  
小林三歩(コラムニスト)  
嘘のような話
 
ぶらりしゃらり18  
轡田隆史(エッセイスト)  
リア王と湯豆腐と銭湯と
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。14  
高橋 f(写真家)  
声なき声
 

 
10月
(No.212)



 
大泉幸代

Tension-群れ咲く




特集 知られざる北の美味発掘
   ――「クチコミリレー食街道」の半年

 
 道産品がもっと売れるようにしたい、それが北海道に元気をもたらす。首都圏という大消費地に売り込む手伝いをしたい……いろいろな思いを持ちながら、北海道の加工食品をもっと評価の高いものにするという目標に向かって参集した方々の半年間の中間報告である。
 
◆座談会
 「クチコミリレー食街道」に参加して
 ――北海道の加工食品がレベルアップする日
 林 晃勝 (ベル食品株式会社副会長)
 林 美香子(フリーキャスター)
 岩城道子 (料理研究家)
 
◆インタビュー
 北海道で食品加工の製造力と販売力を高める
 株式会社ホリ代表取締役社長 堀均氏に聞く
 
◆選考委員から
 
・パッケージはメディアだ。文字情報の充実を!
 北室かず子(ライター・フリー編集者)
 
・『クチコミリレー食街道』からヒット商品を
 亀田敏美(デザイナー・有限会社亀田制作所代表)
 
・会に参加して思うこと……やや辛口風味で
 萩原里美(ベル食品株式会社次長)
 
◆販売者から
 
・北海道物産店「ノ−ス・らんど」を吉祥寺にオープン
 隅田美喜男(株式会社クリフ代表)
 
・“クチコミ”における新しいマーケティング像
 町田義隆((有)繻エ商店(知床三佐ヱ門本舗)専務取締役)
 
◆製造者から
 
・良いものをつくる信念
 アリスピアハム株式会社代表取締役社長 柴野幸也氏に聞く
 
・「パンにぬるきな粉」の製造元は老舗
 株式会社坂口製粉所代表取締役 坂口澄子氏に聞く


写99北海道vol.19  
北山勝章(北海道新聞社編集局)  
人気の骨とう市
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
比叡平の夕べ
 
クチコミリレー食街道REPORT 7
コクワジャムから「ぬるきな粉」まで
 
「開拓使時代の」の人びと5  
西村英樹(編集者・フリーライター・プランナー)
ブドウ園・黄金時代
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口29  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
先立つものはおカネ!とはいうものの……
 
Q&A介護保険と私たち7  
星野克紀(HIT調査部次長)
介護報酬の仮単価と平均利用額
 
-------------------------
 
北海道大学スラブ研究センター公開講座2
北方ユーラシアの開発と環境

 
(平成11年5月10日〜31日にかけて北海道大学スラブ研究センターにて開講された講義を収録したものです。)
 
◆ロシア極東地域の経済開発
 杉本 侃(経団連 日本ロシア経済委員会事務局長)
 
◆シベリアタイガの森林は壊れているか
 高橋邦秀(北海道大学大学院農学研究科教授)
 
-------------------------
 
詳解!ロシアのアネクドート5  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
ユダヤ人のユーモア その2
 
ロシア極東情報  
富樫 巧(HIT主任研究員)
実を結ぶアメリカのロシア極東貿易拡大戦略
 
民による地域貢献8  
砂川地域大学
 
山夢春秋27  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
退路の確保
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
陽だまりの詩・番外編  人類がたどりついた“先端技術”1  
綱渕輝幸(綱渕コンサルタント事務所代表) 
コンピュータ社会だからこそ熟慮を
 
北の・みらい人1  
久保元宏(株式会社久保商店常務取締役)
エミューに夢をかける男 今井宏君
 
-------------------------
 
月刊葉書“今、志民は……”
 
掲示板
 
さんぽのRight&Left5  
小林三歩(コラムニスト)  
真夏のスーツ、やめません?
 
ぶらりしゃらり17  
轡田隆史(エッセイスト)  
わが内なるサルのこころ
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。13  
高橋 f(写真家)  
今は昔が……。
 

 

(No.211)



 
大泉幸代

Tension-初秋




特集 市民たちの自立への挑戦――経営感覚を磨きながら
 
◆市民活性型ネットワーク社会へ
 武田亘明(北星学園女子短期大学助教授)

 自ら北海道のインターネット活用の実験期から積極的にかかわり、現在もいくつもの組織のメンバーとして活躍中の実践家が、北海道のネットワークの歩みから将来展望について論じる。
 
◆NPOには経営感覚が必要
 ――体験的「地域コミュニティ基地」の作り方
 加藤知美(有限会社オフィス312取締役)

 道内のコミュニティを基盤に活動を積み重ねてきた体験と、それに裏付けられたNPO活動の運営をめぐる提言は、活動を発展、持続させるための助言に富む。先進地の視察報告も含まれる。
 
◆ボランティア情報誌を創刊して1年
 森田麻美子(ボラナビ倶楽部代表)

「見る前に跳べ」とばかりにボランティア情報誌を発刊して一年。その実行力にひかれ、代表者のもとには全国から助言を求めて人がやってくる。ここでそのノウハウを開示する。
 
◆たった一人で始めた高齢社会のネットワーク
 ゴールデンサービス札幌代表 高橋正典氏を訪ねる

 都市化と高齢化の進む地域社会で新しい市民互助型のネットワーク作りを一人で始めた思いは、NPO法人として認証されるところまで地歩を固める。それまでの活動を振り返り、これからの目標を明らかにする。
 
◆住民による住民のための信頼地域づくり
 たすけあいワーカーズ「どんぐり」
 インタビュー
 田辺優子(たすけあいワーカーズどんぐり代表)
 松藤聖子(同前代表)

 主婦たちが中心となって、居住地域である地域の将来と自分たちのこれからを思い、「助け合う」人間関係を作り始めた奮闘ぶりを聞かせてもらった。


写99北海道vol.18  
田村 隆(毎日新聞北海道支社報道部)  
水辺の宝石はダイビングする
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
倭国の出現
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口28  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
拓銀特別背任報道に異議アリ
 
「開拓使時代の」の人びと4  
西村英樹(編集者・フリーライター・プランナー)
ワイン産業発祥の地、札幌
 
民による地域貢献7  
日露交流会「モスト」の夏
 
介護保険の行方を占う KEY WORDS 4  
五十嵐智嘉子(HIT調査部長)
ケアプラン(介護サービス計画)
 
さんぽのRight&Left4  
小林三歩(コラムニスト)  
道営競馬
 
Q&A介護保険と私たち6  
星野克紀(HIT調査部次長)
利用者本位の総合的な地域ケアシステムの構築
 
-------------------------
 
北海道大学スラブ研究センター公開講座1
北方ユーラシアの開発と環境

 
(平成11年5月10日〜31日にかけて北海道大学スラブ研究センターにて開講された講義を収録したものです。)
 
◆流氷の世界――流氷と地球の環境――
 青田昌秋(北海道大学低温科学研究所教授・流氷研究施設長)
 
◆サハリン大陸棚石油・ガスの開発と環境
 村上 隆(北海道大学スラブ研究センター教授)
 
-------------------------
 
詳解!ロシアのアネクドート4  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
ユダヤ人のユーモア その1
 
ロシア極東情報  
富樫 巧(HIT主任研究員)
軍事産業におけるロシア極東とアジア諸国の交流
 
クチコミリレー食街道REPORT 6
「おおかみの桃」に続け百花繚乱のトマトジュース
 
「JR苗穂駅北側地区再開発協議会」の活動報告12
(監修・JR苗穂駅北側地区再開発協議会事務局)
第7回フォーラム 苗穂再開発物語 全体会議レポート
 
山夢春秋26  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
挽歌
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
陽だまりの詩18  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
続・「せきはら」の仲間たち 川崎正美氏(株式会社稲田組)
 
『本』4  
中村研一(北海道大学法学部教授)
今、安保とは何か 「同盟漂流」
 
-------------------------
 
掲示板
 
ぶらりしゃらり16  
轡田隆史(エッセイスト)  
岩からセミの声がしみ出る
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。12  
高橋 f(写真家)  
じゃんけんぽん
 

 
8月
(No.210)



 
大泉幸代

Tension-盛夏




◆介護保険の行方を占う KEY WORDS 3
 要介護認定――“介護の客観的指標”を求めて
 五十嵐智嘉子(HIT調査部長)

「介護保険」の全体を把握することは、容易ではない。中でも多くの人が心配する介護認定については混乱も予想されているが、このシステム誕生にいたるまでの経緯、その基本的な考えを知ることはより確かな制度運用を進める上で欠かせない。当会の五十嵐がこの「要介護認定」の背景と仕組みを分かりやすく整理し、これから始まる新しい制度への対応について論じる。
 
◆Q&A介護保険と私たち5
 負担と給付の公平
 星野克紀(HIT調査部次長)

新千歳空港から飛び立つ北海道
 
◆本道最大のビジネス機会――新千歳空港と規制緩和
 和田忠久(札幌国際大学助教授)

 北海道国際航空(AIR DO)の誕生は航空業界に一石を投じ、北海道民にも新しい事業を始めることの重要性を教えた。理論的な裏付けを通してこの新会社設立にかかわった札幌国際大学の和田忠久氏が北海道を再生させるためのさらなる構想を示す。
 
◆航空会社は新千歳をどう考えているのか
 ――KLM支店長に聞く
 野坂泰樹(KLMオランダ航空札幌支店長)


写99北海道vol.17  
石井一弘(朝日新聞社報道部)  
アイヌ民族の墓標
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
日本語の可能性
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口27  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
夢も希望もない宝くじの話
 
「開拓使時代の」の人びと3  
西村英樹(編集者・フリーライター・プランナー)
津島斉彬の遺志
 
ロシアウクライナ政治の底流を読む5  
松里公孝(北海道大学スラブ研究センター助教授)
エリツィン政治体制の成立3
 
詳解!ロシアのアネクドート3  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
ソビエト連邦に奉仕いたします!
 
ロシア極東情報  
富樫 巧(HIT主任研究員)
極東の海運会社に押し寄せる国営復帰の波
 
民による地域貢献6
赤いひまわり100万本の会(追分菊池病院)
 
クチコミリレー食街道REPORT 5
ゼリー試食会報告と返ってきた肉製品の評価
 
山夢春秋25
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
足に覚えあり
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
陽だまりの詩17  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
「せきはら」の仲間たち 斉藤好彦氏(戸田建設株式会社札幌支店)
 
『本』3  
中村研一(北海道大学法学部教授)
夢の残骸――金日成のあやつり人形「宿命『よど号』亡命者たちの秘密工作」
 
-------------------------
 
掲示板
 
さんぽのRight&Left3
小林三歩(コラムニスト)  
キャンプもどき
 
ぶらりしゃらり15  
轡田隆史(エッセイスト)  
全ての道はサッポロに通ず
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。11  高橋 f(写真家)  
ウソとホント
 

 
7月
(No.209)



 
大泉幸代

Tension-初夏




特集 農村で作る新しい暮らし〜大地に親しむライフスタイル
 
◆新しい時代の農村構築を〜豊な大地での生活提案
 山重 明(HIT常務理事・計画部長)

 農業・農村の持つ多様な価値や機能に対する感心が高まっている。これからの農村経営をどうデザインしていくのか。自然や農地・景観・文化などの農村の資源やストックを積極的に活用して、地域社会の活性化をどう図っていくか。HITの手掛けてきたプロジェクトを紹介しながら「考え方」を提案する。
 
◆人を人らしくする果樹公園を目指す
 野村幸宏(「野村園」オーナー[北広島市])
 
◆田園生活のススメ
 渡辺信吾(自給型農園「有機農園おやじの村」経営)
 
◆農的暮らしを始めたい人へ
 石塚オサム(農家)
 
◆「半農民」として20年を超える
 渡部景紀(自称・半農民)


写99北海道vol.16  
風間健介(写真家)  
炭鉱の遺跡や街並みを生かす時
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
都市の緑 緑の都市
 
「開拓使時代の」の人びと2  
西村英樹(編集者・フリーライター・プランナー)
開拓使の人、村橋久成
 
「JR苗穂駅北側地区再開発協議会」の活動報告11
(監修・JR苗穂駅北側地区再開発協議会事務局)
第7回フォーラム 苗穂再開発物語
〜街づくりの具体的展開をめざして〜 報告その2
 
ロシアウクライナ政治の底流を読む4  
松里公孝(北海道大学スラブ研究センター助教授)
エリツィン政治体制の成立2
 
詳解!ロシアのアネクドート2  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
英語をアネクドートする その2
 
ロシア極東情報  
富樫 巧(HIT主任研究員)
沿海地方に計画される韓露産業基地の効果
 
民による地域貢献5  
石狩川下覧櫂(くだらんかい)
 
介護保険の行方を占う KEY WORDS 2  
五十嵐智嘉子(HIT調査部長)
介護支援専門員(ケアマネジャー)<続>
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口26  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
ついでに、私のローンも放棄して
 
Q&A介護保険と私たち4  
星野克紀(HIT調査部次長)
上乗せ・横出しサービスと保険料
 
クチコミリレー食街道REPORT 4
北海道の肉加工品の成長株たち
 
山夢春秋24  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
顛末書
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
陽だまりの詩16  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
第4回「花フェア」を開催
 
『本』2  
中村研一(北海道大学法学部教授)
遊撃隊国家の終焉「北朝鮮――遊撃隊国家の現在」
 
-------------------------
 
掲示板
 
ぶらりしゃらり14  
轡田隆史(エッセイスト)  
われ新しき縄文人なり
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。10  
高橋 f(写真家)  
難しいもんだ
 

 

(No.208)



 
大泉幸代

Tension-葵月




特集 本格化するサハリン開発とチャンスを逃す北海道
 
◆始動するサハリンプロジェクト
 ――北海道は蚊帳の外で終わるのか
 富樫 巧(HIT主任研究員)

 サハリンの石油・天然ガスの開発がメジャーの手で本格化している。試掘段階も終え、今夏にはいよいよ生産も始まる。北海道の隣で起きていることに、北海道の経済界も行政も関心を寄せてきた。しかし、この世界的なプロジェクトと連動したいという気持ちは近隣諸国も同様であり、積極的な現地へのアプローチは残念ながら北海道の比ではない。現地の動きとその背景にある各国の思惑などを極東情報の分析を専門にする当会の主任研究員が報告する。
 
◆内山恒平氏((有)ロシア開発コンサルティング代表)
 が語るロシアジビネス
 北海道の対露ビジネスを再構築するには
 
◆サハリンと北海道のこれから
 伊藤 稔(株式会社ノマド取締役総括部長)
 
◆座談会 北海道とサハリンのきずなは?
 和田忠久(札幌国際大学人文・社会学部助教授)
 吉田光秀((有)インフォマート・ジャパン取締役副社長)
 山ア美幸((株)ヨシックス北海道代表取締役/
      前ANAトラベル常務)
 富樫 巧(HIT主任研究員)<司会>
 
◆ジャーナリストが見たサハリン
 サハリンの息吹〜ビジネスチャンスと北海道
 松田昌也(北海道テレビ放送[HTB]記者)
 
◆神秘の島、サハリン・モネロン島
 安川誠二(ジャーナリスト)


写99北海道vol.15  
谷口勲夫(北海道新聞社編集局)  
新観光拠点『マイカル小樽』が好調
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
ミステリーの隆盛
 
「開拓使時代の」の人びと1  
西村英樹(編集者・フリーライター・プランナー)
夢のサムライ
 
介護保険の行方を占う KEY WORDS 1  
五十嵐智嘉子(HIT調査部長)
介護支援専門員(ケアマネジャー)
 
Q&A介護保険と私たち3  
星野克紀(HIT調査部次長)
介護保険で受けられるサービスと利用者による選択の意味
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口25  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
北海道の“自主・自律”再考
 
ロシアウクライナ政治の底流を読む3  
松里公孝(北海道大学スラブ研究センター助教授)
エリツィン政治体制の成立1
 
詳解!ロシアのアネクドート1  
エドアード・ブラーソフ(HIT研究員) 
英語をアネクドートする その1
 
民による地域貢献4  
札幌塗装工業協同組合青年部
 
山夢春秋23  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
窮すれば
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
銭湯博覧会50(終)  
塚田敏信(北海道みんぞく文化研究会会員)
銭湯建設にときめきを
 
陽だまりの詩15  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
マスコミ報道と新事業
 
『本』1  
中村研一(北海道大学法学部教授)
理想的な悪夢「黄長Y回顧緑・金日正への宣戦布告」
 
-------------------------
 
「JR苗穂駅北側地区再開発協議会」の活動報告10
(監修・JR苗穂駅北側地区再開発協議会事務局)
第7回フォーラム 苗穂再開発物語
〜街づくりの具体的展開をめざして〜 報告その1
 
クチコミリレー食街道REPORT 3
津軽海峡を越えていったチョコ製品たち
 
掲示板
 
さんぽのRight&Left2  
小林三歩(コラムニスト)  
インターネットで懸賞
 
ぶらりしゃらり13  
轡田隆史(エッセイスト)  
十を食って土地を知る
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。9  
高橋 f(写真家)  
物くるる友
 

 
5月
(No.207)



 
大泉幸代

Tension-眼吹き




特集 始動する介護保険制度 その実体に迫る
 
◆介護保険制度後の日本社会システムのあり方
 五十嵐智嘉子(HUT理事・調査部長)
 
◆介護保険と私たち
 
・町が造る「介護保険丸」の航海は
 清水俊宣(勇払郡厚真町役場総務民生部保健福祉課)
 
・始まる高齢者の囲い込みに疑問
 久慈紀一(フリーライター)
 
・高齢者は介護保険をこのように見ている
 北海道消費生活コンサルタント・水谷幸子さんに聞く
 
◆高齢になっても施設より自宅〜独り暮らしを支える大家さん
 伊藤瞳さんを訪問する
 
◆一問一答
 介護保険への期待と対策〜事前調査を踏まえた千歳市の対応
 千歳市保健福祉部介護保険準備課介護保険準備係長
 原文雄氏に聞く


写99北海道vol.14  
田村 隆(毎日新聞北海道支社報道部)  
豪雪遁走曲'99
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
職業というもの
 
Q&A介護保険と私たち2  
星野克紀(HIT調査部次長)
保険料 ソロバンのはじき方
 
田村修二の「産業の森」育成が新北海道を作る12(終)
山村開発の将来を観音信則氏に聞く
時の勢いがあって地域が発展する
 
民による地域貢献3  
北門信用金庫
 
学校とは何か?12(終)  
河野 啓(北海道放送・プロデューサー)
親たちの卒業文集
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口24  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
郵貯オンライン相互接続の損得勘定
 
ロシアウクライナ政治の底流を読む2  
松里公孝(北海道大学スラブ研究センター助教授)
共産党体制からマシーン政治へ2
 
ロシア極東情報  
富樫 巧(HIT主任研究員)
ビジネスと犯罪
 
クチコミリレー食街道REPORT 2
試食して推薦の品を選ぶ〜チョコ製品の巻
 
山夢春秋22  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
側女寝病(そくじょねびょう)
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
銭湯博覧会49  
塚田敏信(北海道みんぞく文化研究会会員)
湯号に願いを
 
陽だまりの詩14  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
芽吹く春に新事業とイベント
 
-------------------------
 
字華多美Collection 97
 
掲示板
 
さんぽのRight&Left1  
小林三歩(コラムニスト)  
聖地・北海道
 
ぶらりしゃらり12  
轡田隆史(エッセイスト)  
地果て、海の始まるところ
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。8  
高橋 f(写真家)  
もう少し生きてみるか
 

 
4月
(No.206)



 
大泉幸代

Tension-新生




特集 「北海道産品=売れる」は幻想か?
 
◆生産者は販売現場に参入すべきだ!
 北海道物産ネットワーク・
 「北のかかし」事務局代表 飯田一民氏に聞く

 
◆クチコミリレー食街道リポート1
 消費者を意識したものづくりの時代
 クチコミリレー食街道事務局

 2月に、北海道の食品を支援する応援団を立ちあげるための[クチコミリレー食街道]準備会がHIT内で開かれた。その概要とそのときの議論の様子を紹介する。
 
◆道産品はどのように受け入れられているのか
 
・関西の料理店を中心に
 谷口博之(大阪あべの辻調理師専門学校教授)
 
・食文化を考えるところから始めたい
 田中千博(フードシステム研究所所長)
 
・昆布業界への提言
 大石圭一(前北海道大学教授・農学博士・医学博士)
 
◆おみやげのくに
 塚田俊信(北海道みんぞく文化研究会・高校教諭)


写99北海道vol.13  
石井一弘(朝日新聞報道部)  
今年のコンサドーレに期待!
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
犬の話
 
田村修二の「産業の森」育成が新北海道を作る11
北海道工芸の将来を木内和博氏に聞く
北海道に「文化産業」を育てる
 
学校とは何か?11  
河野 啓(北海道放送・プロデューサー)
ある卒業生の挑戦(後編)
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口23  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
不確実性とリスクはどう違う?
 
民による地域貢献2  
江差信用金庫・北海信用金庫(財・北海信金地域振興基金)
 
ロシアウクライナ政治の底流を読む1  
松里公孝(北海道大学スラブ研究センター助教授)
共産党体制からマシーン政治へ1
 
ロシア極東情報  
富樫 巧(HIT研究員)
サハリンの国際便を逃すな
 
北海道版・高齢社会の傾向と対策11(終)  
岩見太市(医療法人渓仁会医療福祉部長)
実践的福祉サービスから見えてくる情景
試される北の大地の「共助」
 
Q&A介護保険と私たち1  
星野克紀(HIT調査部次長)
介護保険の登場人物たち
 
山夢春秋21  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
李さんの餃子
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
銭湯博覧会48  
塚田敏信(北海道みんぞく文化研究会会員)
踊るバイブラジェット
 
陽だまりの詩13  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
砂場の清掃アンケート中間報告
 
-------------------------
 
字華多美Collection 96
 
ぶらりしゃらり11  
轡田隆史(朝日新聞社編集局顧問)  
岡田監督「愛」のモンダイ
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。7  
高橋 f(写真家)  
た・ら・し
 

 

(No.205)



 
大泉幸代

Tension-太陽の粒子




特集 北海道経済に春を呼ぶ〜備えた長所を生かせ〜
 
◆北海道経済を俯瞰する
 〜北海道の人材と観光に着目する理由〜
 玉山和夫(札幌国際大学教授)
 
◆北海道が変わるラストチャンス
 大蔵省北海道財務局経済調査課長 岸山敏浩氏に聞く
 
◆積極経営に乗り出す経営者たち

 一見すると消えるような方向で燻り続けている道内経済界だが、意欲と才覚を生かしながら右肩上がりの成長を続けている経営者も少なからず存在する。多数はとは言えないつらさがあるが意気軒昂な経営者を訪ね、“成長と元気の素”をお聞きした。
 
・ホスピタリティーに富む事業が成長
 飲食業(株式会社普門熟代表取締役・小滝暁一氏訪問記)
 
・今がチャンス
 歯科技工所((株)クリアデンタル代表取締役・原嶋明信氏訪問記)
 
・「札幌発全国行」
 ブライダル産業((株)ブライダルハウスチュチュ代表取締役・小川義昭氏に聞く)


写99北海道vol.12  
峯 日東史(北海道新聞編集局)  
実用化間近のクローン養殖魚
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
悲観に徹した楽観を
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口22  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
北海道ではおカネと貸し借りをどのように仲介しているか(続)
 
田村修二の「産業の森」育成が新北海道を作る10
北海道観光の将来を林光繁氏に聞く
十勝の豊かさこそ観光地にふさわしい
 
民による地域貢献1  
釧路信用金庫(釧路しんきん地域振興基金)
 
学校とは何か?10  
河野 啓(北海道放送・プロデューサー)
ある卒業生の挑戦(前編)
 
ロシアInternet事情3  
大矢 温(札幌大学外国語学部助教授)
ロシア向け電子メール事情〜経済崩壊と生活防衛〜
 
ロシア極東情報  
井戸章博(インターネット「サハリン情報局」主宰)
ロシア人気質とは
 
山夢春秋20  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
「登れるハズです」登山学校
 
北海道版・高齢社会の傾向と対策10  
岩見太市(医療法人渓仁会医療福祉部長)
実践的福祉サービスから見えてくる情景
地域ニーズの発掘による福祉産業の創出
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
銭湯博覧会47 
塚田敏信(北海道みんぞく文化研究会会員)
ゆにいく看板
 
陽だまりの詩12  
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
春を前に新しいことへ挑戦
 
-------------------------
 
字華多美Collection 95
 
ぶらりしゃらり10  
轡田隆史(朝日新聞社編集局顧問)  
早春の雪の彼方に躍るもの
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。6  
高橋 f(写真家)  
陽はまた昇る?
 

 
2月
(No.204)



 
大泉幸代

Tension-厳寒




特集 昆布は「海の野菜」〜北海道昆布の潜在価値
 
◆インタビュー
 昆布から北海道の未来を拓く
 佐伯邦男氏に聞く
 
◆昆布王国・北海道の苦悩
 北海道漁業協働組合連合会代表理事常務 
 松本荘一郎氏に聞く
 
◆『昆布』入門  編集部
 
◆昆布養殖について
 田嶋健一郎(北海道中央水産試験場資源増殖部主任研究員)
 
◆北海道の昆布を使った料理
 
・北海道昆布を食す
 谷口博之(大阪あべの辻調理師専門学校日本料理先任教授)
 
・「海の野菜」と言われる昆布の魅力
 岩城道子(料理研究家)


写99北海道vol.11  
田村 隆(毎日新聞北海道支社報道部)  
不景気をぶっとばせ!!
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
三島由紀夫以後〜文学史不在の三十年
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口21  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
北海道ではおカネと貸し借りをどのように仲介しているか
 
学校とは何か?9  
河野 啓(北海道放送・プロデューサー)
心を癒す「謹慎の館」(後編)
 
ロシアInternet事情2  
大矢 温(札幌大学外国語学部助教授)
ダーチャから見えるロシアの状況
 
ロシア極東情報  HIT情報企画部
道東にみる対露交流とビジネス
 
山夢春秋19  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
モチ米山行
 
北海道版・高齢社会の傾向と対策9  
岩見太市(医療法人渓仁会医療福祉部長)
実践的福祉サービスから見えてくる情景
問われる福祉サービス事業者の職業倫理
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
銭湯博覧会46  
塚田敏信(北海道みんぞく文化研究会会員)
タイル絵たちの傾向と解釈
 
陽だまりの詩11  
安田正義・馬場勝彦(JR北海道苗穂工場)
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
鼎談・塗料と生き物だ(続)
 
-------------------------
 
「JR苗穂駅北側地区再開発協議会」の活動報告9
(監修・JR苗穂駅北側地区再開発協議会事務局)
街づくり5チーム活動報告 新年を目前にして地域住民も議論に参加
 
字華多美Collection 94
 
フロム北海道レポート6  
折登秀一(HIT特別研究員)
じゃがいも“粉吹雪”
 
ぶらりしゃらり9  
轡田隆史(朝日新聞社編集局顧問)  
一億一心モシモシモシモシ
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。5  
高橋 f(写真家)  
ド・ビンボー
 

 
1月
(No.203)



 
大泉幸代

Tension-'99




特集 北海道が歩む道――混乱と暗闇の中を
 
◆新春対談
 今の日本に曙光を求める
 〜歴史に学ぶ「人と地域の行き方」
 粕谷一希氏×轡田隆史氏
 
◆田村修二の「産業の森」育成が新北海道を作る9
 北海道地域を活性化させる戦略がここから始まる
 北海道に都市連合による大白鳥座構想を
 【鼎談】鈴木康弘/広畑民雄/田村修二
 
◆地域提携には条件がある
 インタビュー 常俊 優氏(北海道経済連合会・事務局次長)

 全道の産業おこしを推進している道経連の常俊優氏に現在の北海道の新しい動きについてお聞きした。注意深く道内を見れば、そこかしこに元気に事業をおこそうとする人々とそれを応援する人たちがいる。白鳥座がより輝きを増すための情報発信についてもセオリーがあることを語る。


写99北海道vol.10  
石井一弘(朝日新聞北海道支社報道部)  
苫東
 
ブラキストン線  
粕谷一希(評論家)  
現代文壇地図はどうなっているのか
 
当世資生譚 甘口・辛口・へらず口20  
齋藤一朗(小樽商科大学商学部商学科助教授) 
トップバンクとリーディングバンク
 
学校とは何か?8  
河野 啓(北海道放送・プロデューサー)
心を癒す「謹慎の館」(前編)
 
ロシアInternet事情1  
大矢 温(札幌大学外国語学部助教授)
インターネットでのぞくロシア
 
サハリンビジネスレポート6  
グループ・ガンマ事務局
サハリン―北海道商談会「ビジネストーク'98」
 
山夢春秋18  
川越昭夫(北海道アルパインサービス代表取締役)  
だて看板
 
北海道版・高齢社会の傾向と対策8  
岩見太市(医療法人渓仁会医療福祉部長)
実践的福祉サービスから見えてくる情景
ワーカーズ・コレクティブの活動に見る非営利事業の行方
 
-------------------------
 
Pot au feu<Charivari monthly Culture>
 
銭湯博覧会45  
塚田敏信(北海道みんぞく文化研究会会員)
お初湯は大きな湯船で運開き
 
陽だまりの詩10  
安田正義・馬場勝彦(JR北海道苗穂工場)
関原 久(株式会社せきはら代表取締役)
鼎談・塗料と生き物だ
 
-------------------------
 
字華多美Collection 93
 
フロム北海道レポート5  
折登秀一(HIT特別研究員)
九州の「さつま揚げ」、さて北海道は?
 
ぶらりしゃらり8  
轡田隆史(朝日新聞社編集局顧問)  
99年の始めのためしとて
 
一瞬がすべて すべてが一瞬。4  
高橋 f(写真家)  
何だか判らん
 



◆ トップページへ ◆